コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つくば[市] つくば

百科事典マイペディアの解説

つくば[市]【つくば】

茨城県南西部の市。1987年筑波郡谷田部町,豊里町,大穂町と新治郡桜村が合体,つくば市として市制施行。1988年筑波郡筑波町を編入。筑波・稲敷台地と小貝(こかい)川,桜川流域の低地からなる近郊農業地域で,北端に水郷筑波国定公園に属する筑波山があり,南端は牛久沼に接する。1985年にEXPO'85国際科学技術博覧会が開催され,周辺地区も含めて急速に開発が進み,東部の旧桜地区には筑波研究学園都市が建設され,筑波大学をはじめ47の国の研究機関,8工業団地があって,日本最大の研究開発センターとなっている。南西部の旧谷田部地区は,主集落が近世細川氏の陣屋町で旧筑波郡の行政中心地であり,国土地理院,気象庁高層気象台,高速自動車試験場がある。西部の旧豊里地区は,芝栽培畑が多く,工業団地テクノパーク豊里がある。北西部の大穂地区は,座敷箒(ぼうき)を特産した純農村であったが,筑波北部工業団地が造成された。最北部の旧筑波地区は,筑波山神社の鳥居前町である筑波と山麓の商業中心地北条,小田城跡(史跡)がある。常磐線土浦駅からバスが通じる。市域の南部に常磐自動車道や圏央道が通じ,2005年に秋葉原と〈つくば〉(吾妻に所在)間を最速45分で結ぶ〈つくばエクスプレス〉が開業。2002年11月,稲敷郡茎崎町と合併。東日本大震災で,市内において被害が発生。283.72km2。21万4590人(2010)。
→関連項目牛久[市]畜産試験場筑波技術大学土浦[市]図書館情報大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つくば[市]

茨城県南西部の市。1987年筑波郡谷田部(やたべ)町,豊里町,大穂町と新治(にいはり)郡桜村が合体,つくば市として市制施行。88年筑波郡筑波町を編入。人口15万6012(1995)。筑波・稲敷台地と小貝((こかい))川,桜川流域の低地からなる近郊農業地域で,北端に水郷筑波国定公園に属する筑波山がある。1985年にEXPO’85国際科学技術博覧会が開催され,周辺地区を含めて急速に開発が進み,東部の旧桜地区には筑波研究学園都市が建設され,筑波大学をはじめ47の国の研究機関,8工業団地があって,日本最大の研究開発センターとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のつくば[市]の言及

【筑波】より

…茨城県西部,筑波郡の旧町。1988年つくば市に編入。筑波山の南斜面と山麓の台地,低地を占め,中央を桜川が流れる。…

※「つくば[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

つくば[市]の関連キーワード国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android