コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とう トウ

デジタル大辞泉の解説

と・う〔とふ〕

[連語]《「とい(言)う」の音変化》…という。
「これやこの名に負ふ鳴門(なると)の渦潮(うづしほ)に玉藻刈る―・ふ海人(あま)娘子(をとめ)ども」〈・三六三八〉
[補説]主に奈良時代、和歌に用いられた。→ちゅうちょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とうの関連キーワード硫黄島の戦い(いおうじまのたたかい)硫黄島(いおうじま、東京都小笠原村)太白堂桃隣(4代)トンシアオピンサッカロース山東〈町〉大塔〈村〉東郷〈町〉【とう】安灯心・燈心辛子明太子タオナン関藤藤陰加藤以脩東光町十日町東郷町本海野東新町父さん

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とうの関連情報