コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょう チョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔てふ〕

[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化》…という。主に平安時代に入ってから和歌に用いられた。→ちゅうとう
「忍ぶれば苦しきものを人知れず思ふ―こと誰に語らむ」〈古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょう

( 連語 )
〔助詞「と」に動詞「いふ」の付いた「といふ」の転〕
…という。 「しのぶれば苦しきものを人知れず思ふ-ことたれにかたらむ/古今 恋一」 〔中古の和歌に多く用いられ、終止形・連体形の用法がある。さらに、已然形・命令形としてのものに「てへ」があり、その連語形には「てへり」「てへれば」「ていれば」がある〕 → てえてえりてえればていれば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のちょうの言及

【町組】より

…京都において鎌倉時代末期から形成され,応仁・文明の乱後に確立する住民の生活共同体は,〈まち〉ではなく〈ちょう〉であるから,本来〈ちょう〉の連合体も〈まちぐみ〉ではなく,〈ちょうぐみ〉である。町組は上京,下京を単位とし,1568年(永禄11)の織田信長の入洛以前にすでに確立している。…

※「ちょう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ちょうの関連キーワード富士見町桝屋町朝日町青葉町学校町海岸町花園町格助詞常盤町弥生町終止形東雲町春日町已然形東町曙町本町蝶蝶緑町泉町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょうの関連情報