ちょう(読み)チョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔てふ〕

[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化》…という。主に平安時代に入ってから和歌に用いられた。→ちゅうとう
「忍ぶれば苦しきものを人知れず思ふ―こと誰に語らむ」〈古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょう

( 連語 )
〔助詞「と」に動詞「いふ」の付いた「といふ」の転〕
…という。 「しのぶれば苦しきものを人知れず思ふ-ことたれにかたらむ/古今 恋一」 〔中古の和歌に多く用いられ、終止形・連体形の用法がある。さらに、已然形・命令形としてのものに「てへ」があり、その連語形には「てへり」「てへれば」「ていれば」がある〕 → てえてえりてえればていれば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう てふ

連語〙 「という(といふ)」の変化した語で、終止形および連体形としての用法がある。中古の和歌に多く用いられた。さらに、已然形命令形として「てへ」の形があり、その複合に「てへり」「てへれば」「ていれば」がある。→てえてえりてえればていれば
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫てふおほぬす人」
[語誌]上代では「といふ」の縮約形として、母音脱落形の「とふ」「ちふ」が用いられたが、平安時代に入ると「てふ」と母音融合の形が現われ、主として和歌に使用された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のちょうの言及

【町組】より

…京都において鎌倉時代末期から形成され,応仁・文明の乱後に確立する住民の生活共同体は,〈まち〉ではなく〈ちょう〉であるから,本来〈ちょう〉の連合体も〈まちぐみ〉ではなく,〈ちょうぐみ〉である。町組は上京,下京を単位とし,1568年(永禄11)の織田信長の入洛以前にすでに確立している。…

※「ちょう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょうの関連情報