コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なぞる ナゾル

デジタル大辞泉の解説

なぞ・る

[動ラ五(四)]
すでにかかれた文字や絵などの上をたどって、そのとおりにかく。「手本を―・る」
すでに行われた事実や書かれた文章などをたどって、再現する。「事件の経過を―・っただけの小説」
[可能]なぞれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

なぞるの関連キーワードヤーコポ・オルティスの最後の手紙アナログコンピュータイメージスキャナーLINE ポコパンニンテンドー3DSデジタルオーディオサウンドボックスディスプレー装置ベントン彫刻機ハンドスキャナめまい(映画)プラニメーターPOSシステムパターンロックトラックパッドマジックマウス僧正殺人事件3Dプリンタタッチパッドエシュノーズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なぞるの関連情報