コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

るつぼ(坩堝) るつぼ

2件 の用語解説(るつぼ(坩堝)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

るつぼ(坩堝)【るつぼ】

物質を焙焼(ばいしょう),強熱,融解するなど高温処理や高温反応に用いられる耐熱性容器。磁製,石英製,黒鉛製あるいは各種金属(鉄,ニッケル,銀,白金など)製のものがある。
→関連項目耐火粘土

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るつぼ【るつぼ(坩堝) crucible】

物質を強熱するために用いられるわん(椀)形の耐火性容器。主として融解,焙焼(ばいしよう),煆焼(かしよう),灼熱,焼結,冶金などに用いられる。目的に応じて種々の形のものがあり,また取り扱う試料の種類,量その他に応じて各種の材質のものが用いられ,実験室用,工業用でも違いがある。図1に基本形を示す。
[実験室用るつぼ]
 実験室では,白色磁器製のものが最も普通に用いられるが,その他材質の違うものとしては,アランダム,コランダムアルミナ,石英,黒鉛,白金,金,ニッケル,銅,鉄,骨灰などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone