コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

るつぼ(坩堝) るつぼ

2件 の用語解説(るつぼ(坩堝)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

るつぼ(坩堝)【るつぼ】

物質を焙焼(ばいしょう),強熱,融解するなど高温処理や高温反応に用いられる耐熱性容器。磁製,石英製,黒鉛製あるいは各種金属(鉄,ニッケル,銀,白金など)製のものがある。
→関連項目耐火粘土

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

るつぼ【るつぼ(坩堝) crucible】

物質を強熱するために用いられるわん(椀)形の耐火性容器。主として融解,焙焼(ばいしよう),煆焼(かしよう),灼熱,焼結,冶金などに用いられる。目的に応じて種々の形のものがあり,また取り扱う試料の種類,量その他に応じて各種の材質のものが用いられ,実験室用,工業用でも違いがある。図1に基本形を示す。
[実験室用るつぼ]
 実験室では,白色磁器製のものが最も普通に用いられるが,その他材質の違うものとしては,アランダム,コランダムアルミナ,石英,黒鉛,白金,金,ニッケル,銅,鉄,骨灰などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

るつぼ(坩堝)の関連キーワード政治権力マフ溶剤強熱羽子板ボルト冷凍機凶器遠赤外分光光度計ケイ葉油フォール技

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone