コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アショーカ Aśoka

翻訳|Aśoka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アショーカ
Aśoka

インド,マウリヤ朝第3代の王 (在位前 268頃~232頃) 。漢訳仏典の阿育王。兄弟を殺して父王ビンドゥサーラの跡を継いだといわれる。祖父チャンドラグプタ以来の領土拡張策を進め,即位8年目にカリンガ王国を征服して半島南端部を除くインド亜大陸のほぼ全域の統一を完成させた。しかしカリンガ征服の際の悲惨なありさまに心を痛め,以後は軍事的征服策を放棄し,非暴力と社会倫理に基づくダルマ (法) の政治を行うにいたった。仏教に帰依したのもこの頃らしい。彼はダルマの政治の理想を近隣の国々に伝えるとともに,それを領内の磨崖や石柱に刻ませ,さらに人畜のための病院を建てたり,道路に沿って井戸や休息所を設けるなど,さまざまな社会政策を実施した。北方仏教の伝説によると彼は熱心な仏教徒として8万 4000の仏塔を建て,仏跡を巡拝し,仏教教団に巨額な布施をしたという。また南方仏教徒は彼が第3回仏典結集を援助したこと,彼の子のマヒンダがスリランカを開教したことなどを伝えている。アショーカは 37 (あるいは 36) 年の在位ののち没したが,彼の死後マウリヤ帝国は崩壊に向った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アショーカ

インド,マウリヤ朝第3代の王(在位,前268年ころ―前232年ころ,異説あり)。漢字では阿育。インドの南端を除いて,集権的統一国家を建設した。仏教のダルマ(法)に基づく統治を理想とし,その詔勅を各地の磨崖や石柱に刻んだ(アショーカ王石柱)。
→関連項目サーンチーチャンドラグプタナーランダーマハーバンサ南アジア律(仏教)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アショーカ【Aśoka】

古代インド,マウリヤ朝第3代の王。在位,前268年ころ‐前232年ころ。生没年不詳。パーリ語仏典ではアソーカAsokaとし,漢訳仏典では阿育と音写され,無憂と意訳される。祖父は王朝の創始者チャンドラグプタ,父はビンドゥサーラ。青年時代に属州の太守として力を蓄え,父王の死後に兄弟と争って王位を継承した。王の碑文の語るところによれば,統治のはじめには祖父以来の領土拡張政策を推進し,在位第8年にインド半島北東部のカリンガ国を征服したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアショーカの言及

【舎利】より

…古代インドには,偉大な聖者の遺骨を供養することによって天界に生まれることができるという観念があったらしく,釈迦の遺骨も当時の有力な部族や王によって八つに分配され,それらを祀るストゥーパstūpa(塔)がそれぞれの地に建てられたことが古い仏伝に記されている。また,アショーカ王はそれら八つの中の七つの塔から釈迦の遺骨をすべて集め,あらためて細分して各地に分配し,それらを納めたストゥーパを8万4000基建てたと伝えられ,いくつかは残っていたことが玄奘の《大唐西域記》などにも記されている。このように舎利とストゥーパは密接な関係にあったため,ストゥーパの変形である塔(三重塔や五重塔など)にも〈舎利〉(水晶などの球)が安置される。…

【ストゥーパ】より

…また仏舎利塔とも呼ぶように原則として釈迦の舎利(焼骨śarīra)をその中に納めるが,仏髪や仏牙(仏歯)のストゥーパも伝えられており,実際には遺骨の代りに宝石や貴金属などを用いたり,経文や経巻などの法舎利を納めたものもある。前3世紀のアショーカ王は最初の8塔のうちの7塔から分骨してインド各地に8万4000のストゥーパを造立したという伝説があり,王が造塔を大いに推進したことをうかがわせる。このように多数のストゥーパが造営されたことは,それが単なる墳墓から礼拝供養の対象となり,超越的存在としての釈迦のシンボルとみなされるようになったことを意味する。…

【大天】より

…サンスクリットでマハーデーバMahādevaという。アショーカ王の子マヒンダ(前3世紀)の師で,アショーカ王が師のモッガリプッタ・ティッサの提唱にしたがい,インド各地に仏教伝道師を派遣したとき,マヒサマンダラMahisamaṇḍala(ナルマダー川の南方あたり)に赴いたとされる。彼は大衆部に近い思想をもっていたので,彼の弟子たちは大衆部の一支派である制多山(せいたせん)部を形成したという。…

【ネパール】より

…仏教ことに密教とヒンドゥー教が信奉され,これに民間信仰が加わってネパール独特の美術を生んだ。アショーカ王は古都パータンに四つのストゥーパを造営したと伝えられ,リッチャビ王朝治下の5~6世紀にインドのグプタ朝文化が導入された。8世紀に一時チベットに征服されたという説もあり,次いでムスリム軍の難を逃れるためインドのヒンドゥー教徒,仏教徒が多数流入した。…

【マウリヤ朝】より

…またセレウコス朝の使節としてチャンドラグプタの宮廷に滞在したギリシア人メガステネスの見聞記《インド誌》の断片が今日に伝えられており,これもマウリヤ朝研究の貴重な史料となっている。
[アショーカ王の政治]
 第2代のビンドゥサーラ(在位,前293ころ‐前268ころ)も,父王と同じく領土拡張政策を進めたようである。またその子アショーカ(在位,前268ころ‐前232ころ)は,即位後8年に多大の犠牲を払ってデカン北東部のカリンガ国を征服した。…

【ルンビニー】より

…この地は釈迦の生涯にちなむ四大霊場の一つとして,古くから仏教徒の巡礼地となり,ルンミンデーイRummindeiの名で知られていた。アショーカ王は即位後20年目にこの地を巡礼し,釈迦の生誕の地を記念して石柱を建てている。7世紀にここを訪れた玄奘は石柱が落雷のために中ほどから折れていたことを伝えている。…

※「アショーカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アショーカの関連キーワードビンセント・オーサー スミスオイゲン・J.T. フルチュデーバーナンピヤ・ティッサシャーバーズ・ガリーカローシュティー文字ブラーフミー文字サータバーハナ朝タームラリプティアラーハーバードアショーカ王刻文チェーラ王国プリンセップ善見律毘婆沙インド博物館サールナートチェーラ朝プリンセプチョーラ朝目犍連帝須律(仏教)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アショーカの関連情報