コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスペルギルス症(読み)アスペルギルスしょう(英語表記)aspergillosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスペルギルス症
アスペルギルスしょう
aspergillosis

真菌 (かび) の一種であるアスペルギルス,特にアスペルギルス・フミガーツス Aspergillus fumigatusの感染によって起る疾患。化膿性で組織の壊死を伴うことが多い。他の真菌症と同じく抗生物質やステロイド剤などの使用が多くなるにつれて増加してきた。肺や消化管が好発部位であるが,血行性に全身に広がることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アスペルギルス症【アスペルギルスしょう】

真菌類のアスペルギルスによる感染症。特に全身状態の悪化により抵抗力が落ちた際の日和見感染(ひよりみかんせん)症,抗生物質の大量使用に伴う菌交代症の一種として発症することが多い。肺結核に続く肺アスペルギルス症が著名。治療にはアンホテリシンB,アンコチルが用いられる。
→関連項目真菌症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスペルギルス症
あすぺるぎるすしょう

自然界に雑菌として繁殖する真菌(カビ)の一種アスペルギルス・フミガーツスAspergillus fumigatusなどによっておこる化膿(かのう)性壊死(えし)性あるいは肉芽腫(にくがしゅ)性の病変。肺、気管支、胸腔(きょうくう)、目、副鼻腔、外耳にみられるほか、敗血症になって全身に広がることもある。白血病や腫瘍(しゅよう)の末期、あるいはステロイドホルモン剤の使用に際しておこりやすい。肺結核などの治癒後に残った空洞中に、球形に発育した病巣がX線写真で認められたり、喀痰(かくたん)中に菌の塊が喀出されることがある。膿胸(のうきょう)の胸膜面に扁平(へんぺい)に発育した菌塊が、ちぎれて膿中に排出されることもある。
 治療にはアムホテリシンB、イトラコナゾール、ミカファンギン、ボリコナゾールが有効であるが、前述の重篤疾患に併発した病型では急速に全身に広がりやすく診断がまにあわないことが多い。[福嶋孝吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例