コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディポネクチン adiponectin

デジタル大辞泉の解説

アディポネクチン(adiponectin)

脂肪の燃焼や糖の取り込みを促進するホルモン様の物質。小型の脂肪細胞から多く分泌され、脂肪細胞が大きくなると分泌が低下するとされる。肥満糖尿病との関連が注目されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アディポネクチン

 脂肪細胞が生産,分泌するホルモン様物質で,インスリンに対する感受性を上昇させる活性があるとされている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

生活習慣病用語辞典の解説

アディポネクチン

脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカイン (生理活性物質) の 1 つで、動脈硬化を抑制する作用や高血圧を防ぐ作用があります。また、インスリン抵抗性を改善する作用もあります。肥満時には、分泌が低下し、動脈硬化が進んでしまいます。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アディポネクチン
あでぃぽねくちん
adiponectin

生体の脂肪細胞から分泌される生理活性物質の一つ。1996年(平成8)に大阪大学医学部教授であった松澤佑次(まつざわゆうじ)(1941― )が発見。その後、東京大学の門脇孝(かどわきたかし)(1952― )らの研究チームが、マウスを使った実験により脂肪細胞が多様な生理活性物質を分泌することを解明し、アディポネクチンは善玉ホルモンの一つとされた。実験では、脂肪分の多い食事を摂取させて肥満となり、さらに糖尿病を発症したマウスにアディポネクチン類似物質を投与。その結果、血糖値や中性脂肪の値が減少した。マウスにはいっさい食事制限をさせず、高脂肪食とアディポネクチン類似物質を与え続け、体重が減らない状態のまま数値を下げることができた。
 ヒトの場合も、肥満などにより体内の脂肪バランスが乱れるとアディポネクチンの分泌が減り、悪玉の生理活性物質が多く分泌されるようになることがわかっている。さらに、内臓脂肪の蓄積を伴うメタボリック症候群により、糖尿病や脳卒中(脳出血、脳梗塞(こうそく))、心筋梗塞、高脂血症などの生活習慣病がもたらされ、肝臓病やアルツハイマー病、癌(がん)に罹患(りかん)する可能性が高くなる。アディポネクチンは生活習慣病や癌の予防および症状の改善に効果を発揮すると考えられており、運動や食事制限によってこれを増やすことで、生活習慣病を改善することができる。
 また、100歳を超える長寿の人の血中にアディポネクチンが多いという研究結果も報告されており、長命にかかわることも示唆されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アディポネクチンの関連キーワードアディポカイン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アディポネクチンの関連情報