コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラーハーバード アラーハーバード Allāhābād

3件 の用語解説(アラーハーバードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラーハーバード
アラーハーバード
Allāhābād

インド北部,ウッタルプラデーシュ州南部,ガンジス川ジャムナ川の合流点に位置する都市。ヒンドゥー教の聖地で,かつてはプラヤーグと呼ばれていた。現在の市はムガル帝国の第3代皇帝アクバルによる 1583年の築城に始まり,1801年イギリス領となったが,1857年にはインド大反乱の拠点となり,独立前のインド国民運動の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラーハーバード

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州の都市。イラーハーバードとも。ガンガー川ジャムナ川の合流点に位置し,ヒンドゥー教の聖地。交通,商業の中心で,綿花,小麦の集散地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アラーハーバード【Alāhābād】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州中南部の同名県の県都。人口79万3000(1991)。インド大平原のほぼ中央部で,ヤムナー川とガンガー(ガンジス)川の合流点に発達した古代アショーカ王時代からの行政・経済の中心都市。またヒンドゥー教の代表的聖地の一つで,古代にはプラヤーガPrayāgaと呼ばれた。1583年,ムガル朝のアクバル帝によって城塞が築かれ,町の名もイラーハーバードIlāhābādと変えられ,ガンガー川中流域の支配拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアラーハーバードの言及

【巡礼】より

…しかし,その目的はほぼ共通していて,善を積み穢をぬぐいはらうこと,現世的な御利益を願うことの二つである。巡礼の対象となる聖地は,河川・海など水に臨むところ(ガンガー(ガンジス),ヤムナー両川の交わるプラヤーガ,すなわち現アラーハーバード),山岳・森林など人里離れたところ(ヒマラヤ山中のバドリーナートBadrīnāth),宗教・宗派の神・先師のゆかりの地(釈迦がはじめて法を説いたサールナート)などである。巡礼は個人や家族単位でも行われるが,居住地域や職場の有志のグループ,特定の教団の信徒団体などにより集団的に行われる場合も多く,現今ではバスを借りきり,特別列車を仕立てることも多い。…

※「アラーハーバード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラーハーバードの関連キーワードカナウジカーンプルウッタルプラデシュウッタラカンドラクノウウッタル・プラデーシュ[州]デーラー・ドゥーンバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラーハーバードの関連情報