アルヌルフ[ケルンテンの](英語表記)Arnulf von Kärnten

世界大百科事典 第2版の解説

アルヌルフ[ケルンテンの]【Arnulf von Kärnten】

850ころ‐899
東フランク王。在位887‐899年。東フランクのバイエルン分国王カールマンKarlmann(830ころ‐880)の子。880年,庶出のため王位を継げず,ケルンテンを確保するにとどまったが,887年叔父カール3世を廃して東フランク王となる。ノルマン人やモラビア人を破る一方,カール3世失脚後カロリング家の支配を離れた他のフランク諸王国に対し宗主権を得,896年帝位につくなどフランク再建に努力したが,諸王国の分離を防ぎえなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルヌルフ[ケルンテンの]の言及

【メロビング朝】より

…祖母にあたるブルンヒルデが東分国でとった王権強化策は貴族の反発を招き,彼女はブルグントに逃れて,当地で前王グントラムの中央集権政策を踏襲した。所領をめぐる2人の孫テウデベルト2世とテウデリヒ2世との争いは東分国貴族の指導者,ピピン1世およびアルヌルフ(メッツの)と祖母との戦いでもあり,それはまたゲルマン的・ローマ的両政治理念の対決ともなった。西分国からクロタール2世(在位584‐629)を招いて結集する東分国貴族の前に,彼女は敗北する(613)。…

※「アルヌルフ[ケルンテンの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android