コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロン アロンAron, Raymond(-Claude-Ferdinand)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロン
Aron, Raymond(-Claude-Ferdinand)

[生]1905.3.14. パリ
[没]1983.10.17. パリ
フランスの政治・社会学者,ジャーナリスト。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) 卒業。第2次世界大戦中はロンドンでドゴール元帥の「自由フランス」 La France libreに参加。同名誌の主筆となった。戦後サルトルらとともに雑誌『タン・モデルヌ』 Les Temps modernesを創刊 (1945) 。『コンバ』 Combatなど左翼雑誌に健筆をふるったが,のちサルトルと決別,反マルクス主義の傾向を強めた。 1955年パリ大学教授となって社会学を講じ,マルクス主義的経済史観の批判,工業化社会の分析などに関する著書多数を著わした。『フィガロ』紙論説委員。 1970年コレージュ・ド・フランス教授。主著『現代ドイツ社会学』 La Sociologie allemande contemporaine (1935) ,『知識人たちの阿片』L'Opium des intellectuels (1955) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アロン(Aaron)

旧約聖書に登場する人物。レビ人モーセの兄。預言者としてモーセを助け、イスラエルの民をエジプトから解放。最初の大祭司となり、モーセとともに民を約束の地カナンへ導くが、自身はヨルダン川を渡ることなく死んだ。
[補説]アロンはモーセの良き協力者として伝えられているが、モーセ五書民数記には、預言者の姉ミリアムに同調し、異邦人を妻にしたモーセを非難する一幕も記されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アロン

旧約聖書中の人名。イスラエルの祭司,モーセの兄。レビ人(びと)。《出エジプト記》ほかでモーセの協力者,最初の大祭司として現れる。その杖を蛇に変じるなどの奇跡で有名。

アロン

フランスの社会学者,ジャーナリスト。M.ウェーバーの社会理論,歴史理論に影響を受け,これをフランスに紹介するとともに,自身精緻な産業社会論を展開し,産業化はテクノロジー,分業システム,管理や支配に独特の様式をもたらし,その傾向は資本主義社会のみならず,ソ連社会をも覆っているとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アロン

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。豪力怪獣。初登場作品は『ウルトラセブン』。身長45メートル、体重1万3千トン。ウルトラセブンの能力を調査するため、ガッツ星人が送り込んだ。様々な環境でセブンと対決した。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アロン【Aaron】

モーセ時代のイスラエル民族の祭司。《出エジプト記》そのほかでの伝承によれば,アロンはモーセの兄として,同胞の救出や荒野の民アマレクとの戦いにおいてモーセに協力し,神の山シナイ山に同道するが,他面,姉の女預言者ミリアムとともにモーセに反抗したという記述もあり,人物像が一定しない。アロンは捕囚期以降にユダヤ教団で最も勢力をえたアロン系祭司氏族の始祖として,伝説的にモーセと結合されたものと思われる。【並木 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アロン【Raymond Claude Ferdinand Aron】

1905~1983) フランスの社会学者。保守的自由主義の立場からマルクス主義を批判。著「大いなる分裂」ほか。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

アロン

生年月日:1918年10月10日
イスラエルの軍人・政治家
1980年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

アロンの関連キーワードアロンソ(Alicia Alonso)世界バレエフェスティバルG.ルドルフ ゼルナー非酸化物セラミックスキューバ国立バレエ団キンウン・ミンジーマハーバンドゥーラタマニー・ホールピンソン(兄弟)シャビ アロンソユースケビッチフェルナンデス外交戦略的行動二十七年世代モンタニェスY. アロン東京バレエ団マラガ大聖堂アロンの杖アロン電機

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アロンの関連情報