コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ア・プリオリ アプリオリ

百科事典マイペディアの解説

ア・プリオリ

ラテン語で〈より先なるものから〉の意。ア・ポステリオリに対して,原因あるいは実体からの認識・推論をいう。伝統的に真理性が高いとされる。〈生得的〉〈先験的〉〈非(超)経験的〉といった含意を決定づけたのがカントで,空間・時間はア・プリオリな直観形式,カテゴリーはア・プリオリな思考形式とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ア・プリオリの関連キーワードカント(Immanuel Kant)シェラー(Max Scheler)ア・プリオリとア・ポステリオリカント哲学の基本概念ソシュール/用語解説マックス シェラー空想的社会主義プロポーションメイエルソン純粋理性批判ア・プリオリバシュラールデュフレンヌイスラム哲学イェールケ文化記号学確率論理学天賦人権論トレルチ先験哲学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android