コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチリンソウ

百科事典マイペディアの解説

イチリンソウ

イチゲソウとも。水気のある林中や小川の辺などにはえるキンポウゲ科の多年草。本州〜九州に分布。4〜5月,20〜30cmの花茎を出し,頂に柄のある3出葉を3枚と,梅に似た花を1個つける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチリンソウ
いちりんそう / 一輪草
[学]Anemone nikoensis Maxim.

キンポウゲ科の多年草。地下茎は白くやや多肉質で横にはう。茎は高さ20~30センチメートルで直立し、枝分れしない。茎葉は1回3出複葉で3枚が輪生し、総包葉ともよばれる。4~5月、径約4センチメートルの白色花を開き、花弁はなく、5~6枚の白色の萼片(がくへん)がある。花が花柄に1輪ずつつくのでこの名がある。早春植物の一つで、早春に葉を展開し花を開いたのち、初夏には地上部が枯れる。本州から九州にかけて分布する。イチリンソウ属は世界中に広く分布し約150種があり、日本にはこのほかにニリンソウや高山植物のハクサンイチゲなどが生育する。よく栽培される地中海地方原産のアネモネも本属の植物である。学名のAnemoneは「風が吹く所に好んで生える」という意味である。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イチリンソウの関連キーワードキクザキイチゲハクサンイチゲサンリンソウアズマイチゲイチゲソウニリンソウヒメイチゲアネモネ裏紅一華裏紅一花一花草雪割草一夏草一華草花被

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android