コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッテルビウム イッテルビウム ytterbium

翻訳|ytterbium

6件 の用語解説(イッテルビウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッテルビウム
イッテルビウム
ytterbium

元素記号 Yb,原子番号 70,原子量 173.04。周期表3族,希土類元素ランタノイドの1つ。天然に存在する安定同位体にはイッテルビウム 168 (存在比 0.140%) ,170 (3.03%) ,171 (14.31%) ,172 (21.82%) ,173 (16.13%) ,174 (31.84%) ,176 (12.73%) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イッテルビウム(ytterbium)

希土類元素ランタノイドの一。単体は灰色の金属。元素記号Yb 原子番号70。原子量173.0。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イッテルビウム

元素記号はYb。原子番号70,原子量173.054。密度6.965,融点824℃,沸点1193℃。希土類元素の一つ。単体は銀白色の金属。化合物の多くは無色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イッテルビウム【ytterbium】

周期表元素記号=Yb 原子番号=70原子量=173.04±3地殻中の存在度=3.0ppm(41位)安定核種存在比 168Yb=0.140%,170Yb=3.03%,171Yb=14.31%,172Yb=21.82%,173Yb=16.13%,174Yb=31.84%,176Yb=12.73%融点=824℃ 沸点=1427℃比重=6.977(α‐イッテルビウム),6.54(β‐イッテルビウム)電子配置=[Xe]4f145d06s2 おもな酸化数=II,III周期表第IIIA族に属する希土類元素のうちのランタノイドの一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イッテルビウム【ytterbium】

ランタノイドの一。元素記号 Yb  原子番号70。原子量173.0。銀白色の金属。ガドリン石、サマルスキー石、フェルグソン石などの鉱物中に含まれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッテルビウム
いってるびうむ
ytterbium

周期表第3族に属する希土類元素の一つ。原子番号70、元素記号Yb。1794年フィンランドガドリンスウェーデンストックホルム郊外イッテルビーYtterbyで発見された鉱石から新元素の酸化物を分離したが、これは数種の希土類元素の混合酸化物であった。1878年にスイスのマリニャックJean Charles Galissard de Marignac(1817―1894)が純粋な酸化物を取り出し、1939年にドイツクレムWilhelm Klemm(1896―1985)らが単体金属を得たが、これには塩化カリウム不純物として含まれていた。純粋な金属が得られたのは1953年になってからである。酸化数+と+の化合物があり、+は無色、+は黄緑ないし緑色を呈する。合金の微量成分に使われ、レーザー光源物質への微量添加物としても使われる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イッテルビウムの関連キーワードオスミウム白金スズタリウムニッケルハフニウムモリブデンルテニウム元素記号

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イッテルビウムの関連情報