コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌワシ(犬鷲)(読み)イヌワシ(英語表記)golden eagle

翻訳|golden eagle

世界大百科事典 第2版の解説

イヌワシ【イヌワシ(犬鷲) golden eagle】

鳥類の王者といわれるタカ目タカ科の大型のワシ(イラスト)。全長90cm以上,翼の開張は210cmに達する。ユーラシア大陸,北アフリカ北アメリカ大部分に分布し,北方のものは渡りをする。代表的な山地性のワシで,樹木の少ない山岳地帯にすむ。各つがいは,ときには40km2にも及ぶ広い行動圏をもつ。全身暗褐色,後頭部から後頸(こうけい)部にかけては黄褐色で,光線のあたりぐあいによっては,金色に光る。英名はこれによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイヌワシ(犬鷲)の言及

【鷹狩】より

…鷹野,放鷹(ほうよう)ともいう。猛禽類のタカ(オオタカハイタカツミ),ハヤブサ(ハヤブサ,コチョウゲンボウ),ワシ(イヌワシクマタカ)などを馴養して,これらに常食の鳥獣を捕捉させ,それを遣(つか)い手がとりあげる間接的な狩猟法である。猟犬のように獲物を狩人の手元に持ち帰ることはない。…

※「イヌワシ(犬鷲)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android