コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクサ(刺草)(読み)イラクサ

百科事典マイペディアの解説

イラクサ(刺草)【イラクサ】

イラクサ科の多年草。本州〜九州,朝鮮山地にはえる。高さ0.5〜1m。葉は対生し,卵形で縁にあらい鋸歯(きょし)がある。秋,上部の葉腋に雌花序を,下部に雄花序をつける。花は淡緑色で花被片は4個。茎と葉の刺毛ギ酸を含み,触れると痛いのでこの名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる