コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリドスミン(英語表記)iridosmine

世界大百科事典 第2版の解説

イリドスミン【iridosmine】

天然に産出する白金族元素の混合物で,オスミリジウムosmiridiumとも呼ばれる。きわめて硬く,耐食性がすぐれているので,万年筆のペンの先端につけて使用された。おもな成分はイリジウムIr40%,オスミウムOs17~45%で,少量のルテニウムRu,白金Pt,ロジウムRhを含む。その後,天然のものではなく,Ir,Os,Ruなどの合金がペンの先端に使われるようになった。【大久保 忠恒】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリドスミン
いりどすみん
iridosmine

塩基性深成岩あるいは超塩基性岩中、あるいはこれらから導かれた砂鉱中に産する鉱物。白金族元素の合金鉱物として独立種の扱いを受けてきたが、現在は含イリジウム自然オスミウムとして取り扱われており、この名称は変種名となっている。自然オスミウムは六方晶系に属する白金族元素鉱物で、合金を構成している場合、オスミウムの量が原子比にしてもっとも多いものについて適用されている。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイリドスミンの言及

【元素鉱物】より

…30種以上の元素鉱物が知られている。元素鉱物には,自然金Au,自然銀Ag,自然銅Cu,自然鉄Fe,自然ニッケル鉄(Ni,Fe),自然白金Pt,自然ルテニウムRu,イリドスミン(Os,Ir),オスミリジウム(Ir,Os)などの金属元素鉱物,自然ヒ(砒)(別名,自然ヒ素)As,自然アンチモンSb,アレモン鉱AsSb,自然ソウ鉛Bi,自然テルルTeなどの半金属元素鉱物,および自然硫黄S,グラファイトC,ダイヤモンドCの非金属元素鉱物の3亜類がある。自然金は,各種金銀鉱床(熱水鉱脈鉱床,接触交代鉱床)中におもに石英に伴われて産する。…

※「イリドスミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android