コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワガニ(岩蟹) イワガニlined shore crab

世界大百科事典 第2版の解説

イワガニ【イワガニ(岩蟹) lined shore crab】

地方によってはアブラガニとも呼ぶ(イラスト)。外洋に面した岩礁にすむ甲殻綱イワガニ科のカニで,岩の割れ目やくぼみにすみ,水にひたっているよりも露出した岩の上を活動している時間のほうが長い。甲幅4cm。甲は前方にやや広い四角形で,側縁から内側に斜めに走る線が多数ある。額は幅広く,板状。甲の前側縁には眼窩(がんか)外歯の後方に深い切れ込みが一つある。甲は緑褐色,歩脚暗褐色。北海道南部から九州,韓国沿岸にごくふつうに見られるが,東太平洋のオレゴン州からガラパゴス諸島に至る沿岸にも広く分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android