コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インマーマン インマーマン Immermann, Karl Leberecht

4件 の用語解説(インマーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インマーマン
インマーマン
Immermann, Karl Leberecht

[生]1796.4.24. マクデブルク
[没]1840.8.25. ジュッセルドルフ
ドイツの作家。プロシアの高官の子に生れ,ハレ大学で法律を専攻。在学中に対ナポレオン戦争に従軍,1826年からジュッセルドルフで地方裁判所判事をつとめるかたわら,創作に従事,34~37年には劇場を主宰した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インマーマン

ドイツの作家。プロイセンの官吏であったが演劇の改革に力を注ぎ,ハイネらとも親交があった。長編《亜流の世代》や《ミュンヒハウゼン》で近代産業社会に移行する過渡期の社会相を批判的に描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

インマーマン【Karl Immermann】

1796‐1840
ドイツの作家。マクデブルクに生まれ,大学時代に志願兵として解放戦争を経験。戦後プロイセンの司法官を務めるかたわら劇作を始め,任地デュッセルドルフにおける劇場の創設と育成に貢献したが,むしろ社会小説の先駆である《エピゴーネン》(1836)と,現代風刺的な《ミュンヒハウゼン》(1838‐39)の二つの長編小説をもって知られ,評論にもすぐれている。ゲーテの強い影響を示す。【中田 美喜】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インマーマン
いんまーまん
Karl Leberecht Immermann
(1796―1840)

ドイツの劇作家、小説家。マクデブルク生まれ。地方裁判所判事のかたわら創作に励み、劇場の経営・指導など演劇活動にも携わった。代表作に『エピゴーネン』(1836)や『ミュンヒハウゼン』(1839)などの長編小説がある。前者は「遺産と後に生まれた者について回る重荷を背負う」過渡期における封建的体制と新興産業資本との軋轢(あつれき)を描き、主人公は、産業が人間と自然とを破壊する点を重視して、従来の農業生産に帰れと主張する。後者は、いわゆる「ほら吹き男爵」ミュンヒハウゼンを没落した貴族に仕立て、物語は彼の居城と健康で豊かな農村の上屋敷を舞台に展開する。作者は第11章を冒頭に置くというロマン主義風の技法を使い、城と農民の生活を交錯させるホフマン流のモンタージュ形式を踏襲した。両作品とも、ドイツ文学史でいう時代批判小説の先駆ともいえる。ほかに自伝風な『回想録』(1840)がある。[武田昌一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インマーマンの関連キーワードクニーステレマンマクデブルクマクデブルクの半球ドイツの小さな町マグデブルク越境工作マグデブルク・テレマン音楽祭アショフマクデブルク大聖堂マクデブルク法

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone