コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミバト Cepphus columba; pigeon guillemot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミバト
Cepphus columba; pigeon guillemot

チドリ目ウミスズメ科。全長 33~36cm。ケイマフリ近縁で少し小型だが,姿が似ている。夏羽(→羽衣)は全体に黒く,には 2ヵ所に黒い切れ込み模様の入った大きな白斑がある。冬羽は頭上から背が灰色と黒のまだら模様で,喉から腹面が白い。は黒く,脚は赤い。ベーリング海千島列島カムチャツカ半島アリューシャン列島アラスカ半島からカリフォルニアにかけての沿岸島嶼で繁殖する。繁殖地では,まばらに集まることはあるが,密集した集団にはならない。沿岸の崖や島嶼の岩の割れ目,くぼみなどに巣をつくる。繁殖期を終えると海上生活に戻る。繁殖地が北部の鳥は南へ渡るが,南部の鳥は渡りをしない。冬の生息範囲についてはよくわかっていないが,沿岸海域で暮らしていると考えられている。日本では繁殖せず,冬季北海道沿岸に少数が南下してくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミバト
うみばと / 海鳩
guillemot

広義には鳥綱チドリ目ウミスズメ科ウミバト属に含まれる鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。同属Cepphusは北半球の寒流域に生息し、ケイマフリ、ウミバト、ハジロウミバトの3種が知られている。ハジロウミバトC. grylleは全長34センチメートル。大西洋北部に生息している。種としてのウミバトC. columbaは全長33センチメートル。夏羽では全身黒色、冬羽では全体が灰色で、ともに翼には白斑(はくはん)があり、足は赤い。ベーリング海を中心に東はカリフォルニア、西は千島列島までの沿岸、列島沿いに分布し、離島などの岩礁や崖地(がけち)で繁殖している。日本では冬鳥として渡来し、北海道で少数がみられる。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウミバトの関連キーワードウミスズメ(海鳥)海雀

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android