コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウ・タント ウ・タント U Thant

3件 の用語解説(ウ・タントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウ・タント
ウ・タント
U Thant

[生]1909.1.22. ビルマ,パンタナウ
[没]1974.11.25. ニューヨーク
ビルマ (現ミャンマー) の教育者,政治家。ラングーン大学に入学したが,父の死で故郷に帰り,教師となった。第2次世界大戦中には教育関係の公職を歴任,戦後,ウ・ヌーアウン・サンにすすめられて政府機関に入り,1947年広報課に属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウ‐タント(U Thant)

[1909~1974]ビルマの政治家。第3代国連事務総長。在任1962~1971。ベトナム停戦など東西緊張緩和に貢献した。中華人民共和国国連加盟を見届けて辞任。熱心な仏教徒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウ・タント
うたんと
U Thant
(1909―1974)

ビルマ(現ミャンマー)の政治家、第3代国連事務総長第二次世界大戦前は故郷パンタナウの高校教師。戦後、ラングーン大学(現ヤンゴン大学)在学中に知己を得たウー・ヌの要請で、反ファシスト人民自由連盟の活動に参加。1948年のビルマ独立後、情報省次官、総理府官房長などを歴任。ウー・ヌ首相の訪問外交に側近として随行、1957年優れた外交感覚を買われて国連常駐代表となった。1959年国連総会副議長を経て、1961年ハマーショルド事務総長の事故死に伴い暫定事務総長に選ばれた。出身国ビルマの非同盟路線を体現しつつ、西イリアンコンゴキプロスキューバなど、相次ぐ冷戦的危機の平和的解決に手腕を発揮、1962年初の第三世界出身の国連事務総長となった。1966年再選。1971年の中国国連代表権問題の解決に至る任期切れまで、ベトナム停戦など東西緊張緩和、「国連開発の10年」など南北格差是正に献身した。1974年11月25日アメリカで死去。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウ・タントの関連キーワードビルマビルマ語イギリスビルマ戦争ビルマの竪琴緬甸ビルマ猫大阪駅前ビル第1次ビルマ戦争ビルマ種 (Burma)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウ・タントの関連情報