コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウ・タント U Thant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウ・タント
U Thant

[生]1909.1.22. ビルマパンタナウ
[没]1974.11.25. ニューヨーク
ビルマ (現ミャンマー) の教育者,政治家。ラングーン大学に入学したが,父の死で故郷に帰り,教師となった。第2次世界大戦中には教育関係の公職を歴任,戦後,ウー・ヌアウン・サンにすすめられて政府機関に入り,1947年広報課に属した。 57年8月ビルマの国連大使。 61年 11月国連暫定事務総長,62年 11月第3代国連事務総長に任命された。西イリアン問題キューバ・ミサイル危機カシミール紛争ベトナム戦争中東戦争などの解決に尽力。ベトナム問題でアメリカの北爆停止を主とした調停案を提出した。インド政府から 65年度ネルー賞受賞。 71年 12月末,事務総長を辞任

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウ・タント
うたんと
U Thant
(1909―1974)

ビルマ(現ミャンマー)の政治家、第3代国連事務総長。第二次世界大戦前は故郷パンタナウの高校教師。戦後、ラングーン大学(現ヤンゴン大学)在学中に知己を得たウー・ヌの要請で、反ファシスト人民自由連盟の活動に参加。1948年のビルマ独立後、情報省次官、総理府官房長などを歴任。ウー・ヌ首相の訪問外交に側近として随行、1957年優れた外交感覚を買われて国連常駐代表となった。1959年国連総会副議長を経て、1961年ハマーショルド事務総長の事故死に伴い暫定事務総長に選ばれた。出身国ビルマの非同盟路線を体現しつつ、西イリアン、コンゴ、キプロス、キューバなど、相次ぐ冷戦的危機の平和的解決に手腕を発揮、1962年初の第三世界出身の国連事務総長となった。1966年再選。1971年の中国国連代表権問題の解決に至る任期切れまで、ベトナム停戦など東西緊張緩和、「国連開発の10年」など南北格差是正に献身した。1974年11月25日アメリカで死去。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ウ・タント

生年月日:1909年1月22日
ビルマの政治家,第3代国際連合事務総長
1974年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ウ・タントの関連キーワードアンワルル チョードリ生物・化学兵器の禁止テッド ターナー化学兵器禁止条約第2次印パ戦争ヤリング調停加藤 新一国連加盟国際連合国連大学生年月日ブラック核兵器教育者バンチ潘基文公職

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウ・タントの関連情報