コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エグモント[山] エグモント

2件 の用語解説(エグモント[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エグモント[山]【エグモント】

ニュージーランド北島西端近くにある休火山。美しい円錐形をしており,登山者が多い。周辺は1900年エグモント国立公園に指定された。標高2518m。
→関連項目ニュージーランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エグモント[山]【Mount Egmont】

ニュージーランド北島西部,タラナキ地方にある休火山。17世紀以後噴火していない。標高2518m。1770年J.クックが望見,1839年初登頂。富士山によく似た円錐火山の山容で知られる。エグモント国立公園(1900指定,面積335km2)の中心で,夏の登山や冬のスキーに利用されている。山を同心円状にとりまくすそ野一帯は,同島北部のオークランド周辺とならぶ同国の代表的酪農地帯。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエグモント[山]の言及

【ニュージーランド】より

…北島の特色は第四紀洪積世の火山活動による火山地形にあり,北島中央部のルアペフ山(2797m。北島最高峰)や富士山に似た形の西部のエグモント山(2518m)などが知られている。中央部のタウポ湖(面積606km2はこの国最大)からロトルア湖にかけて火山台地が広がり,間欠泉,温泉があり,地熱利用が進んでいる。…

※「エグモント[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エグモント[山]の関連キーワードニュージーランド亜区カウリとうほくニュージーランド村ニュージーランドマアジニュージーランド・ドルニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)ニュージーランド・ラグ (New Zealand Rug)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone