コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エバンス

3件 の用語解説(エバンスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エバンス

米国のジャズピアノ奏者,作曲家。ジャズ界に大きな衝撃をもたらした,数少ない白人ジャズ・ミュージシャンの一人。緻密で繊細な演奏を得意とし,それまでの手法には見られなかった独創的なスタイルを築いた。
→関連項目ベネット

エバンス

米国のジャズ編曲家,作曲家。カナダ生れ。ジャズ界で,最もすぐれた編曲家の一人として知られている。長い無名時代の後,徐々に頭角を現し,1949年のマイルス・デービスとのセッション(〈クールの誕生〉)によって注目を浴びた。
→関連項目クール・ジャズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エバンス
えばんす
Sir Martin J. Evans
(1941― )

イギリスの生理学者。ロンドン大学で博士号を取得。ケンブリッジ大学教授などを経てカーディフ大学教授、同大学バイオサイエンス研究所長を務めた。2007年、「胚性幹細胞ES細胞)を利用してマウスの特定遺伝子を改変する基本原理の発見」によって、カペッキスミシーズとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。
 動物は、たった1個の受精卵から分裂を繰り返して1個体を形成するが、このように身体のあらゆる種類の細胞になっていくのがES(Embryonic Stem)細胞である。人体を形づくるあらゆる細胞に形成していくことのできる大もとの細胞であり、分裂する前の状態では自らを際限なく分裂させて増やすことができる特性をもっている。
 1981年、エバンスはマウスの胚(受精卵)から、さまざまな細胞に分化していくES細胞を初めてつくった。この研究はその後も発展を続け、1995年にはアメリカ・ウィスコンシン大学のグループがアカゲザルのES細胞株の樹立に成功、ついで1998年には同大学でヒトのES細胞株の樹立に成功した。
 エバンスのマウスES細胞株の樹立からカペッキとスミシーズは、ねらった特定の遺伝子を機能しないようにしたり、置き換えたい別の遺伝子を電気刺激で細胞に運んでいく方法を開発した。
 この二つの技術をあわせると、ES細胞の一部を改変して代理母となるマウスに移植し、組み換えた遺伝子をもつマウスを産ませることができる。このマウスと正常なマウスの交配により特定の遺伝子機能をもつ純系のマウスを確立できる。これはノックアウトマウスとよばれ、糖尿病、癌(がん)、心臓病など特定の病気を発症させる病気モデルマウスとなり、病因究明や治療法開発などの研究に応用されるようになった。すでに500種類以上のノックアウトマウスがつくられ、医学研究に画期的な成果をもたらしている。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エバンスの関連キーワードエリントンガーシュインコルトレーンパーカーモダンジャズ加古隆服部克久春畑 セロリ:ジャズ・パラダイス/piano soloグールド, グレンピクシス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エバンスの関連情報