コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビスグサ

3件 の用語解説(エビスグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エビスグサ

熱帯アメリカ原産で,本州中部以西および熱帯アジアに広く野生化し,栽培もされるマメ科の一年草。高さ1m内外。葉は偶数羽状複葉で,夏に黄色花を開き,次いで細長い豆果を結ぶ。
→関連項目カワラケツメイハブソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エビスグサ【oriental senna】

熱帯に広く野生状態で分布し,薬用に栽培もされるマメ科の低木性草本植物イラスト)。日本では沖縄でみられる。同属のハブソウと混同され,種子ははぶ茶の原料とされる。高さ1mほどになり,全体に短毛を有する。葉は互生,通常3対の小葉からなる羽状複葉で,小葉は倒卵形,長さ2~3cm。花は黄色で放射状の5枚の花弁を有し,多くは2個が対をなして葉腋(ようえき)から出る。莢(さや)(豆果)は線形でやや扁平となり,長さ15~25cm,種子は多数で,長さ約5~8mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビスグサ
えびすぐさ / 夷草
[学]Cassia obtusifolia L.

マメ科の一年草。茎は高さ1.5メートル。葉は互生する偶数羽状複葉で、2~4対の小葉よりなり、小葉は倒卵形、先端はわずかに突出し、長さ3~4センチメートル、ほとんど無柄。夏に葉腋(ようえき)に長い柄をもつ黄色花を1、2個つける。花弁は倒卵状円形で5枚、雄しべ10本、雌しべは1本。豆果は細長く弓状に曲がり、長さは15~20センチメートル、中に菱(ひし)状四辺形の種子が一列に並ぶ。種子は黄褐色ないし黒褐色、長さ4.5~6ミリメートル、幅3~3.5ミリメートルで、日本ではこれを決明子(けつめいし)と称して薬用に供し、はぶ茶と称して茶のかわりに用いる。各種のアントラキノン誘導体、粘液、タンパク質、脂肪油、ビタミンAを含有し、健胃、整腸、緩下(かんげ)、利尿、消炎作用をもつので、便秘、胃腸病、高血圧、眼病、口内炎などに用いる。中央アメリカ原産で、日本では古くから栽培されている。中国では熱帯アジア原産の類似植物C. tora L.を決明や草決明の名で栽培し、その種子を決明子と称している。この種子は暗赤褐色で、長さ3~4ミリメートル、幅2~3ミリメートルと前者よりも小粒で、重量も前者の半分しかない。決明は本種のことであり、前者にそれを用いるのは正しくないが、薬効に相違はないから実用上は問題はない。インドではこの種子を炒(い)ってコーヒーの代用としている。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エビスグサの関連キーワードアオザメサルビア森林限界熱帯湖リナリア浜菱風船葛蓬莱羊歯マラリア病原虫ココヤシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エビスグサの関連情報