コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプロン エプロン apron

翻訳|apron

7件 の用語解説(エプロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプロン
エプロン
apron

テーブルクロス,ナプキンの意のラテン語 mappaに発した英語で,前掛け前垂れの意。衣服の汚れを防ぐため,または装飾品として,基体となる衣服の上に重ねて着ける男女両用の付属的衣服の一種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エプロン(apron)

衣服の汚れを防ぐため、胸からひざ、または腰から下を覆う洋風の前掛け。
飛行場で、旅客の乗降や貨物の積み降ろし、整備点検などを行うため、航空機が停留する区域。
ゴルフで、フェアウェーからグリーンへの入り口になっている斜面。花道。
エプロンステージ」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

エプロン

浴槽の外周の立ち上がり部分(垂直部分)のうち、浴槽と同じ仕上げが施されている部分。エプロンのつき方で、1方半エプロン・2方半エプロン・1方全エプロン・2方全エプロン・エプロンなしなどの種類がある。2方半エプロンとは、半埋込タイプの浴槽用で浴槽の外周4面のうち、2面にエプロンがついているもの。→浴槽

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エプロン【apron】

衣服の保護,装飾のために身体の前面を部分的に覆い,労働衣,制服などに用いられる布。基本的には垂らす,巻くの形で,袖はつかない。クレタ文明の彫像にあらわれ,西欧中世では農民,職人,料理人,召使女などの作業衣として不可欠のものとなり,ベルトに道具を挟んだり,ポケットをつけて物を運んだりした。石工は皮革,召使女は白麻製というように,職業により素材,色,大きさなどが区別され,15世紀ドイツライン川中流域では,女性の短いエプロンが禁止されるなど,奢侈禁止令の対象になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エプロン【apron】

衣服の保護のために胸または腰から膝ひざへかける洋風の前掛け。
飛行場で,格納庫の前の広場。また,乗客の乗降などのために飛行機を止める広場。
エプロン-ステージの略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

エプロン【apron】

➀浴槽の外側の垂直に立ちあがっている面。またはそこにつけられた仕上げパネル
➁建物の周囲で、張り出すように舗装された部分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エプロン
えぷろん
apron

前掛け、前垂れのこと。防護や防水を目的とした膝(ひざ)掛けの類から、民族衣装にみられるような装飾傾向の濃いものまでさまざまなものがある。服飾全般のなかで、この前掛け類はもっとも原型的衣服といえるもので、その単純なものはすでに先史人や古代エジプト人の間にみられる。初期には木の葉、樹皮、獣皮などが用いられていたが、歴史時代に入って皮革、布地が一般的となった。
 ヨーロッパで上流婦人のドレスの一部に加わって、その装飾に不可欠の役割を果たすようになったのは16世紀以降のことである。17世紀にはフォーマルな婦人服の一要素として流行を示し、レースなどの上質な材質が選ばれ、刺しゅうや縁どりにダイヤモンド、パールをはじめさまざまな宝石類を留め付けたものも現れた。18世紀は装飾的エプロンの最盛期で、もっとも華美なものの代表例としてマリ・アントアネットが用いたレース、リボン、生花、造花、それに真珠で飾られた絹のエプロンがある。現代では装飾用のエプロンより、実用性に重点を置いたもののほうが主流を占めているが、日常生活に潤いや夢を与えるような楽しいデザインのものも求められ、喜ばれている。また形、大きさは、時代のドレスの流行、とくにスカートの長さ、形に関連している。
 語源はラテン語のナプキン(食卓を覆う布)を意味するmappaであり、フランス語に入ってnappe、中世英語でnapronとなり、an apronに転化したもの。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエプロンの言及

【海底地形】より

…鞍部saddle海嶺の中または近接する海山の間にあり,鞍状をなす低い部分。 エプロン斜面apronarchipelagic apron―とくに島嶼や海山の群れのまわりにみられる緩い斜面で,ふつう滑らかな海底面を有する。 海脚spurある大きな地形から伸び出す従的な高まり,海嶺または海膨。…

【空港】より

…空港によっては出発機と到着機を同時に走行させるため2本の併行誘導路をもつところもある。 駐機場はエプロンapronまたはランプrampとも呼ばれ,ターミナルビルの前や整備地区に接して設けられた広場で,貨客の積卸し,給油,点検・整備,駐機などを行うための場所である。駐機場には航空機を停留させるため一定の駐機点(スポット)が設けてあり,大型空港ではこれを100ヵ所以上もつところも少なくない。…

【衣服】より

…南アメリカのポンチョは頭を通す穴だけをあけた形である。腰衣型は古代エジプトなどの地中海沿岸や熱帯地方に見られ,腰部から下部を覆う衣服で,別名エプロンとも称される。インドネシアなどのサロン,ミャンマーのロンギlongiなどがある。…

※「エプロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エプロンの関連キーワード衣服スカートパッツ当て布化粧縄笹縁前開き前掛胸倉羽∥羽根

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エプロンの関連情報