コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エボシドリ エボシドリMusophagidae; turacos

3件 の用語解説(エボシドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エボシドリ
エボシドリ
Musophagidae; turacos

エボシドリ目エボシドリ科の鳥の総称。23種からなる。多くは全長 45cm内外であるが,カンムリエボシドリ Corythaeola cristata は全長 76cmもある。和名の示すように頭頂部には烏帽子を思わせる冠羽(→羽冠)がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エボシドリ【turaco】

ホトトギス目エボシドリ科Musophagidaeに属する鳥の総称。大部分は全長45cmほどで,尾がやや長い。多くは冠羽をもつ。灰色,褐色,緑色,青色などの羽色をしており,くちばしは短くて湾曲している。全部で約20種がサハラ砂漠以南のアフリカに分布し,常緑広葉樹林からサバンナまで,樹木の生えている環境にすむ。木の実を主食にしているが,ときには芽や葉をも食べ,なかにはカタツムリなどの小動物を食べるものもいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エボシドリ
えぼしどり / 烏帽子鳥
touraco

鳥綱ホトトギス目エボシドリ科に属する鳥の総称。同科Musophagidaeはサハラ砂漠以南のアフリカに分布し、18種がいる。大部分の種が全長約45センチメートルだが、カンムリエボシドリCorythaeola cristataのように80センチメートルにもなる大きなものもいる。どの種も尾は長めで、頭上にはよく目だつ冠羽がある。全体に緑や青や赤の光沢ある美しい羽色をしている。熱帯降雨林やサバンナなどの樹木のある地域に限ってすんでおり、木の実を主食にしている。いちばん外側の足指を前後左右に動かすことができ、これを利用して枝上を巧みに伝い渡る。樹上に小枝を重ね合わせて平らな巣をつくり、白い卵を2個産む。羽毛の緑と赤は、それぞれツラコバジンとツラシンという独特の色素による。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone