コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エポキシ樹脂 エポキシじゅしepoxy resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エポキシ樹脂
エポキシじゅし
epoxy resin

分子内にエポキシ基2個以上をもつ重合体,およびそのエポキシ基の重合によって生成する熱硬化性樹脂。市販のエポキシ樹脂の大部分は二価フェノール (通常ビスフェノールA) とエピクロロヒドリンとから得られる初期重合体に,適当な硬化剤を加えて架橋反応によって不溶不融の重合体にする。接着性が大で,ガラス,金属などのすぐれた接着剤であり,アラルダイトはその例である。また,機械的性質がすぐれ,耐化学薬品性が大きく,電気絶縁性が大きいなどの性質があるため,密着性,耐化学薬品性,たわみ性などの要求される塗料などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エポキシ‐じゅし【エポキシ樹脂】

epoxy resin分子中にエポキシ基とよぶ炭素2個と酸素1個の三員環からなる基をもつ構造の熱硬化性樹脂。耐薬品性が高いので塗料・電気絶縁材・接着剤として使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エポキシ樹脂【エポキシじゅし】

熱硬化性樹脂の一種。強力接着剤として利用されることが多く,塗料,可塑剤としても用いられる。末端に反応性のエポキシ基を二つ以上もち,エポキシ基の開環重合によって硬化する。
→関連項目接着剤多硫化ゴム熱硬化性樹脂

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

エポキシ樹脂

 エポキシド基の開環反応を利用して作られる樹脂.ポリアミンで三次元化し,接着剤として用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エポキシじゅし【エポキシ樹脂 epoxy resin】

(化学式)末端に反応性のエポキシ基を二つ以上有し,エポキシ基の開環重合によって硬化する熱硬化性樹脂。代表的なものはエピクロロヒドリンとビスフェノールAをアルカリの存在下で反応させて得られる。 重合度によって粘い液体から固体までいろいろな性状のものが得られるが,通常平均分子量400~600(重合度n=1~2)の液状のものが多い。実際の使用に際しては,この樹脂本体と硬化剤との2成分を直前に混合し,エポキシ基を開環重合させて三次元の網目構造を形成させることによって硬化させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エポキシじゅし【エポキシ樹脂】

分子の末端に反応しやすいエポキシ基をもつ樹脂状の化合物。また、その化合物と硬化剤の重合により生じる熱硬化性合成樹脂の総称。接着剤のほか、耐薬品性、防食性が高いので塗料、電気絶縁材などにも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エポキシ樹脂
えぽきしじゅし
epoxy resin

1分子中に2個以上のエポキシ基をもち、硬化剤または触媒の存在で三次元硬化ができる比較的分子量の小さい合成樹脂の総称。歴史は比較的新しく第二次世界大戦後、金属の強力な接着剤として紹介された。エポキシ樹脂などの原料であるビスフェノールAとエピクロロヒドリン(エピクロルヒドリン)とをカ性ソーダ(水酸化ナトリウム)の存在で反応させると、その配合モル比によって異なるが、分子量340~4000程度の第一次樹脂(プレポリマー)が得られる。これには低分子量の粘りのある油状のものから、分子量の大きなもろい淡黄色の固体のものまである。この第一次樹脂は、ジアミン(第二アミン)、トリアミン(第三アミン)やイミダゾール類、または無水フタル酸のような酸無水物を計算量添加すると、たとえば脂肪族アミンでは常温で、または加温するとエポキシ基の開環、それによって生じたヒドロキシ基との反応がおこり架橋結合を生成する。硬化剤や必要に応じて添加する無機質の充填(じゅうてん)剤(フィラー)の種類によって性質の異なった硬化物が得られる。
 いま一つのタイプのエポキシ樹脂としては、o(オルト)-クレゾールとホルムアルデヒドとを酸性で反応させて得られた、o-クレゾールノボラック樹脂とエピクロルヒドリンとを水酸化ナトリウムの存在で反応させたクレゾールノボラックエポキシ樹脂がある。これを粉砕してシリカ(二酸化ケイ素)と混ぜ、酸無水物類とで硬化させるシステムで電子材料の封止材(湿気、ほこり、衝撃などから保護する材料)として広く使用されている。
 エポキシ樹脂は金属表面との親和性が優れているので、とくに金属の接着剤や塗料として用いられる。硬化の際に揮発性物質の発生や体積収縮が少なく、機械的性質や電気絶縁性が優れ、溶剤に侵されない。硬化物の最高使用温度は、エポキシ樹脂の種類と、各種の硬化剤の組合せで決まり、高いものは300℃くらいまでのものがある。加工方法は注型、封入、含浸後硬化、塗装、接着など多様にわたっている。
 用途は、金属との親和性のよいことから、塗料、金属接着剤に、あるいはガラス繊維や炭素繊維にエポキシ樹脂プレポリマー溶液を含浸させたあと、硬化させた電子機器用銅張り積層板、炭素繊維を用いた航空器材、ゴルフクラブのシャフトや釣り竿(ざお)などから、道路舗装、塩化ビニル樹脂の安定剤など多方面にわたっている。[垣内 弘]
『橋本邦之編著『プラスチック材料講座 エポキシ樹脂』(1982・日刊工業新聞社) ▽垣内弘著『新エポキシ樹脂』(1985・昭晃堂) ▽新保正樹編『エポキシ樹脂ハンドブック』(1987・日刊工業新聞社) ▽室井宗一・石村秀一著『入門エポキシ樹脂』(1988・高分子刊行会) ▽垣内弘編著『エポキシ樹脂最近の進歩』(1990・昭晃堂) ▽シーエムシー編・刊『エポキシ樹脂の高機能化と市場展望』(1990) ▽垣内弘著『エポキシ樹脂硬化剤の新展開』(1994・シーエムシー) ▽室井宗一著『わかりやすいエポキシ樹脂』(1994・工文社) ▽シーエムシー編・刊『エポキシ樹脂の市場分析と将来展望』(1994) ▽シーエムシー編・刊『環境ホルモン・環境汚染懸念化学物質――現状と産業界の対応』(1999) ▽シーエムシー編・刊『高分子添加剤市場('99)』(1999) ▽エポキシ樹脂技術協会編・刊『総説エポキシ樹脂』全4巻(2003)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エポキシ樹脂の関連キーワードエンジニアリングプラスチック炭素繊維炭素繊維強化プラスチックモールド・トランジスタプラスチック系複合材料繊維強化プラスチックフォームプラスチックショーボンド建設強化プラスチックしんかい2000レジノイド砥石炭化ケイ素繊維合成樹脂塗料グリセロールバチスカーフアニリン樹脂プリント配線密閉形変電所ポリエーテル重防食塗料

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エポキシ樹脂の関連情報