コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルニーニョ現象 エルニーニョゲンショウ

デジタル大辞泉の解説

エルニーニョ‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【エルニーニョ現象】

El Niño events赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も知られる。→ダイポールモード現象
[補説]この海域は通常、貿易風が暖水を西に移動させ、深海から冷たい湧昇があることで同緯度の他の海域より水温が低い。ところが貿易風が異常に弱まることで、暖水の移動や湧昇が抑制され、この現象が発生する。狭い海域のみで生じるエルニーニョ1より広範囲で甚大な影響を及ぼす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エルニーニョ現象

ペルー沖から太平洋中部までの広い海域で海面水温が高い状態が続く現象。エルニーニョはスペイン語で「男の子」の意味。気象庁が今回確認すれば14回目の発生。97年春~98年春が最大だったとされる。冬に発生していると暖冬になりやすい。「ラニーニャ(女の子の意味)現象」はこの海域の水温が低くなる現象。

(2009-07-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

エルニーニョ現象の関連キーワード2016年1月の暴風雪と高波及び大雪近・現代ラテンアメリカ史(年表)インド洋ダイポールモード現象エルニーニョ監視センター太平洋数十年規模振動ゴジラ・エルニーニョ地球シミュレーター大気海洋相互作用テレコネクションクロムウェル海流熱帯降雨観測計画ガラパゴス諸島エルニーニョ説トライトンブイ数値予報モデル暖冬と温暖化熱帯収束帯赤道湧昇海洋観測漁業気象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルニーニョ現象の関連情報