コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・ドラド エルドラド

3件 の用語解説(エル・ドラドの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エル・ドラド

南米にあると信じられた黄金の国。コロンビアチブチャ族の首長が全身に金粉をまぶし,のち湖にはいって沐浴する祭儀が伝えられ,この架空国の伝承となったという。16世紀以後G.ピサロをはじめとするコンキスタドール,冒険家,さらにW.ローリーなどもこの国を探索したが徒労に終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

エル・ドラド

東京都にある遊園地、としまえんのキャラクター。2013年登場。100年以上前にドイツの機械技術師により作成されたからくり馬。名称は園内にある回転木馬「カルーセルエルドラド」から。通称は「エルちゃん」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エル・ドラド
えるどらど
El Dorado

南アメリカにある伝説上の黄金郷。本来は「黄金を塗った男」の意味で、現在のコロンビアの首都ボゴタ北東にあるグアタビタ湖畔に居住していた先住民チブチャ人の首長(しゅちょう)をさした。金粉を全身に塗り込んだ首長は司祭を伴って湖に舟を出し、金銀、宝石を湖中に投げ、身を沈めると、金粉が広がって湖面が輝くという荘厳な儀式のようすが、スペイン人征服者の間に語り継がれた。これにより黄金郷伝説が広がり、そのもっとも有力な場所としてオリノコ、アマゾン両川源流の盆地説が生まれた。1531年スペイン人オルダスがオリノコ川の奥地で黄金郷のうわさを耳にしたのをはじめ、フェーデルマン(1537)や、ベナルカサル(1538)らが探査に乗り出した。なかでもヒメネス・デ・ケサダGonzalo Jimnez de Quesada(1495―1579)の大遠征隊が、コロンビア北岸に河口をもつマグダレナ川をさかのぼり、グアタビタ湖に到達したが、エル・ドラドを発見することはできなかった。しかし類似の秘境の存在を信じる者が後を絶たず、第二、第三の伝説を手掛りに黄金郷の探査熱は18世紀末まで続いた。[寿里順平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エル・ドラドの関連キーワード赤子塚コロンビア川コロンビア大学コロンビア氷原黄金の術黄金の岸海境黄金の林檎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エル・ドラドの関連情報