コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンキ

百科事典マイペディアの解説

エンキ

シュメール神話の主神の一人。バビロニアではエアEa。淡水,知恵,秩序をつかさどる。人類の友として大洪水の到来をウトゥナピシュティムに予告し,人類を破滅から救う。
→関連項目アヌエリドゥマルドゥク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンキ【Enki】

シュメールの淡水神。同時に知恵と呪法の神,創造の神,シュメールの宇宙と社会の諸規則の管理者でもあった。バビロニアのエアEaに当たる。その妻はダムガルヌンナ(ダムキナ)で,アサルルヒ(マルドゥク)はその子,ナンシェはその娘。エンキ(エア)は人類に対して終始一貫して好意的であり,たとえばバビロニアの洪水神話の主人公で旧約聖書のノアに当たるウトゥナピシュティムにひそかに洪水の警告をした。象徴はヤギの頭をもった魚。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンキ

エア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエンキの言及

【水神】より

…トロイア人がスカマンドロス川Skamandrosの聖なる力を信仰し,牛や馬を供犠として深みに投じたことや,ガンガー(ガンジス川)が清浄力をもつとされ,古代から現代にいたるまで沐浴する者が後を絶たず,遺骨が投棄されることはよく知られている。水を支配・統御する独立の神(霊)として有名なものにシュメールの水神エンキ(バビロニアではエア),アッカドにおける雨の神としてのアダドまたはハダド,エジプトのナイル川を支配する神のハピHapi,さらに,ギリシアの海洋神ポセイドン,ローマの海神ネプトゥヌス,インドをはじめ日本も含むアジア各地で崇拝されている水神ナーガNāga=竜神などがある。水神のパンテオン(万神殿)における地位と力は民族,社会によって異なるが,ところによっては高い地位と影響力をもつことがある。…

※「エンキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンキの関連キーワードベーム(Georg Böhm)バビロニア=アッシリア文学三遊亭 円生(4代目)エア(バビロニア神話)橘家 円喬(4代目)橘家 円蔵(7代目)アメリカの国会議事堂ゼカリア シッチンギルガメシュ叙事詩ギルガメシュ物語キッツビューエルベーブリンガー家メソポタミア神話オリエント神話ツィンマーマンギルガメシュニンフルサグバルバル遺跡イシュタルベドノルツ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android