エンタルピー(英語表記)enthalpy

翻訳|enthalpy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エンタルピー」の解説

エンタルピー
enthalpy

熱含量,熱関数ともいう。熱力学的関数の1つ。内部エネルギーを U ,圧力を p ,体積を V とするとエンタルピー HHUpV で定義される。語源はギリシア語のエンタルポー (温まる) に由来する。等圧のもとにおける微小変化に対しては,発生または吸収される熱量はエンタルピーの変化で示される。微分形の関係式は dHTdSVdp である。断熱・等圧のもとにおける系の平衡の条件は,H が極小になることである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「エンタルピー」の解説

エンタルピー

熱力学的関数の一つ。物体の内部エネルギーをU圧力p体積Vとするとき,H=U+pVをエンタルピーという。等圧変化では物体のエンタルピーの微小変化は外部から与えられた熱量に等しい。〈暖まる〉を意味するギリシア語からカメルリン・オンネスが命名。またギブズの命名により熱関数ともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版「エンタルピー」の解説

エンタルピー
エンタルピー
enthalpy

熱含量ともいう.熱力学的関数の一つ.記号H

HUpV
で定義される.Uは内部エネルギー,pは圧力,Vは体積.定圧下における有限の変化に対するエンタルピー変化は

ΔH = ΔUpV).
化学の問題で重要なのはHの絶対値ではなく,その変化ΔHである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「エンタルピー」の解説

エンタルピー

〘名〙 (enthalpy) 熱力学的な物理量の一つ。物質または場の内部エネルギーと、それが定圧下で変化した場合に外部にあたえる仕事との和。定圧下でのエンタルピーの変化量は、その物質または場に出入りするエネルギー量に等しい。熱関数。熱含量

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「エンタルピー」の解説

エンタルピー(enthalpy)

《温まる意のギリシャ語から》熱力学的な物理量の一。物質または場の内部エネルギーと、それが定圧下で変化した場合に外部に与える仕事との和。定圧下でのエンタルピーの変化量は、その物質または場に出入りするエネルギー量に等しい。熱関数。熱含量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「エンタルピー」の解説

エンタルピー

 熱含量ともいう.Hで表されHUPVUは内部エネルギー,Pは圧力,Vは体積.一定の圧力のもとではエンタルピーの変化は熱量計で測定できる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「エンタルピー」の解説

エンタルピー【enthalpy】

エネルギーの次元をもつ熱力学的な状態量。内部エネルギーをU,圧力をp,体積をVとしたとき,エンタルピーHHUpVによって定義される。圧力一定という条件での平衡状態は,エンタルピー最小の原理によって決定されるが,これはエントロピーをSとするとdHTdSVdpの関係式が成立することから導かれる(Tは絶対温度)。エンタルピーという言葉は,1909年カメルリン・オンネスによって,温まるという意味のギリシア語enthalpeinにちなんで命名されたもので,一定の外圧のもとで系が吸収する熱量を表すために用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android