コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンプソン Empson, Sir Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンプソン
Empson, Sir Richard

[生]? トースター
[没]1510.8.17. ロンドン
イギリスの財務行政官。 1491年より下院議員,次いで議長。一方ヘンリー7世の治世当初より E.ダッドリーとともに財務管理に抜擢され,過酷な課税や罰金取立てによって王室財政を富ませた。しかし国民の恨みを買って,ヘンリー8世治世に入ると逮捕され,反逆罪のかどで処刑された。

エンプソン
Empson, William

[生]1906.9.27. ヨークシャー,ヨークフリート
[没]1984.4.15. ロンドン
イギリスの詩人,批評家。 1931~34年東京文理科大学講師。 53~71年シェフィールド大学英文学教授。ケンブリッジ大学で数学を専攻し,のち文学に転じた。『曖昧の七つの型』 Seven Types of Ambiguity (1930) で詩語の意味の重層性を強調,『詩集』 Poems (35) ,『つのる嵐』 The Gathering Storm (40) でそれを実践。『田園詩の諸形態』 Some Versions of Pastoral (35) ,『複合語の構造』 The Structure of Complex Words (51) ,『ミルトンの神』 Milton's God (61) などの評論は当初の立論を広く社会的歴史的背景において展開しようとしたもの。 I.A.リチャーズに次ぐ科学的分析的批評の開拓者で,「新批評」の先駆をなした。 (→曖昧 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エンプソン

英国の詩人,批評家。現代批評の傑作といわれ,〈ニュー・クリティシズム〉への道を開いた《曖昧(あいまい)の七つの型》(1930年)のあと,《牧歌の諸型》(1935年),《複雑語の構造》(1951年),《ミルトンの神》(1961年)で異彩を放つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エンプソン Empson, William

1906-1984 イギリスの詩人,批評家。
1906年9月27日生まれ。昭和6年(1931)来日し,東京文理大と東京帝大で3年間おしえた。詩風は難解で奇抜。ケンブリッジ大在学中にかいた批評集「曖昧(あいまい)の七つの型」は有名。1984年4月15日死去。77歳。ヨークシャー出身。詩集に「吹きつのる嵐」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エンプソン【William Empson】

1906‐84
イギリスの詩人,批評家。20世紀の英米批評の革命にもっとも大きな役割を果たした一人。ケンブリッジ大学ではじめ数学を専攻,のちI.A.リチャーズの影響で英文学に変わった。知的で簡潔,しかし堅牢精緻な様式,構成と晦渋な比喩,奇想にみちた詩は,寡作ながら,後輩詩人,とりわけ1950年代の反ロマン主義的な傾向をもつ〈ムーブメント〉派の詩人たちに大きな影響を与えた。しかし,文学界に詩よりも大きな影響を与えたのは彼の批評的方法だろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エンプソン【William Empson】

1906~1984) イギリスの批評家・詩人。処女作「曖昧の七つの型」では、作者の意図しない言葉の多義的性質を重んじて、ニュー-クリティシズムへの道を開いた。詩集に「吹き募る嵐」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンプソン
えんぷそん
William Empson
(1906―1984)

イギリスの批評家、詩人。ケンブリッジ大学で初め数学を専攻、のち文学に転じI・A・リチャーズに学ぶ。在学中に書き一躍有名になった『曖昧(あいまい)の七つの型』(1930)は分析批評の方向を決定した画期的論文で、アメリカのいわゆる「新批評(ニュー・クリティシズム)家」たちに大きな影響を及ぼした。この分野にはほかに『牧歌の諸相』(1935)、『複合語の構造』(1951)、『ミルトンの神』(1961)などがある。他方、難解な詩風で知られる詩を書き、『詩集』(1935)、『風雲』(1940)、『全詩集』(1955)などで自己の詩論を作品化した。1931年(昭和6)から3年間東京文理科大学(現、筑波(つくば)大学)で教えたこともある。1953年からシェフィールド大学英文学教授を務めた。[外山滋比古]
『星野徹訳『曖昧の七つの型』(1972・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンプソンの言及

【ニュー・クリティシズム】より

…20年代のT.S.エリオットやI.A.リチャーズらによる新しい文学意識にもとづき,文学作品(とくに詩)の精密・客観的な評価をめざした。J.C.ランサム,A.テートらの率いるアメリカの〈南部批評家〉がその母体とみなされるが,イギリス側ではケンブリッジ大学でリチャーズの教えを受けたW.エンプソンをその数に入れることもある。20世紀の知的で難解な新しい詩,およびそれとの強い類似性を示す17世紀イギリスの〈形而上詩〉を偏愛した。…

【牧歌】より

… 牧歌は羊飼いについて,羊飼いの声で歌われる文学だが,それを書くのは宮廷詩人をはじめとする知識人である。この構造的落差の意味を拡大し,たとえばプロレタリアの生活についてプロレタリアの声でブルジョア作家が書く〈プロレタリア文学〉も,牧歌の一変種であると指摘したのが,W.エンプソンの《牧歌の諸変奏》(1935)である。牧歌というジャンルの本質を,側面から照射する達見というべきであろう。…

※「エンプソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンプソンの関連キーワードニュー・クリティシズムクリティシズム外山滋比古ボトラル文芸批評処女作

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android