コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシゲナーゼ オキシゲナーゼ oxygenase

6件 の用語解説(オキシゲナーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキシゲナーゼ
オキシゲナーゼ
oxygenase

酸化酵素の一群で,分子状酵素による酸化反応を触媒する酵素。酸素添加酵素ともいう。たとえばピロカテカーゼは,カテコールを酸素原子2個で次のように酸化して開環する。 (C6H4)(OH)2+O2→HOOC-C4H4-COOH 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オキシゲナーゼ(oxygenase)

酸化還元酵素の一。酸素分子中の酸素原子を基質に結合させる触媒となる。酸素添加酵素。酸素化酵素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オキシゲナーゼ

酸素添加酵素とも。分子状酸素を活性化することによって酸化を行う酸化還元酵素の一群。芳香環の二重結合位の開裂反応(カテコールのシス‐シス‐ムコン酸への酸化など),芳香環の水酸化フェニルアラニンからのチロシンの生成など)等を触媒する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

オキシゲナーゼ

 酸素添加酵素ともいう.[EC1.13.99]に分類される.ある化合物を直接酸素と結合させる反応を触媒する酵素.酸素1分子を取り込ませるモノオキシゲナーゼと2分子を取り込ませるジオキシゲナーゼがある.いずれもビタミンCを必要とする反応.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オキシゲナーゼ【oxygenase】

酸化還元酵素のうち、呼吸により体内に吸い込まれた分子状酸素から直接反応生成物に酸素原子を取り込む反応を触媒する酵素。酸素添加酵素。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキシゲナーゼ
おきしげなーぜ
oxygenase

酸化還元酵素(酸化還元反応を触媒する酵素の総称)の一種で、分子状酸素(O2)の酸素原子(O)が直接有機基質に取り込まれる反応を触媒する酵素の総称。酸素添加酵素ともいう。国際生化学連合(現在は国際生化学・分子生物学連合)の酵素委員会が制定した酵素の分類による「EC1.酸化還元酵素」に属す酵素群(酵素番号の項目参照)。酸化還元酵素は生体内における酸化還元反応を触媒する酵素であり、反応の様式により、酸化酵素(オキシダーゼ)、酸素添加酵素(オキシゲナーゼ)、脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)、還元酵素(レダクターゼ)などとよばれる。
 酸化還元反応とはある物質から他の物質へ電子が渡される反応であるといってもよい。電子を奪われた物質は酸化された、電子を受け取った物質は還元されたという。一般に、ある物質が
(a)酸素を受け取ったとき
(b)水素を奪われたとき
(c)電子を奪われたとき
その物質は酸化されたというが、(a)および(b)の反応も(c)の変化として説明できる。有機化合物が(a)あるいは(b)の反応を受けたときには、炭素の酸化数(電子の授受を表す数。電子一つ奪われたら+1、受け取ったら-1と表す)に変化がないので(c)であることがわかりにくい。この場合は、炭素と炭素に結合している原子の電気陰性度(結合している原子それぞれの電子を引き付ける傾向)を比較する。電気陰性度に違いがある原子間の共有結合の電子対は、電気陰性度の大きい方の原子に割り当てる。酸素、炭素、水素の電気陰性度は酸素>炭素>水素である。すなわち、(a)酸素を受け取った場合は、この酸素と結合した炭素は電子を酸素のほうへ奪われたことになる。また、(b)水素を奪われた場合は、その水素と結合していた炭素はそれまで水素の電子を引き付けていたので、電子を奪われたことになる。生体は酵素を触媒として、いろいろな有機物および無機物を酸化還元することによって、必要な物質を合成し、不必要または有害な物質を代謝し、あるいは生命活動に必要なエネルギーを獲得している。
 酸化還元酵素のうち、酸素を電子受容体として基質(酵素反応を受ける物質)を酸化する酵素を酸化酵素と総称する。酸素は主として水や過酸化水素となったり、有機化合物中に取り込まれたりする。後者を触媒する酵素はオキシゲナーゼとして区別することが多い。すなわち、オキシゲナーゼは分子状酸素(O2)の酸素原子(O)が直接有機基質に取り込まれる反応を触媒する酵素の総称である。
 オキシゲナーゼは人間をはじめ、動物、植物、微生物に広く分布し、アミノ酸や脂質、ホルモンや薬物毒物の代謝に重要な役割を果たしている。次の2群に分類される。
(1)分子状酸素(O2)の酸素1原子を添加する反応を触媒する酵素群(モノオキシゲナーゼ)。S+O2+AH2→SO+A+H2O
(2)酸素2原子を添加する反応を触媒する酵素群(ジオキシゲナーゼ)。S+O2→SO2
 ここで、Sは基質、AH2は水素供与体を表す。モノオキシゲナーゼには、たとえばシトクロームP-450とよばれている酵素群がある。これは副腎、肝臓、腎臓、腸、肺、精巣などの顆粒(かりゅう)画分(ミクロゾームやミトコンドリア)に存在し、脂溶性の物質に1原子酸素を添加する酵素で、エイコサノイド(アラキドン酸などの炭素数20の多価不飽和脂肪酸から生成する一群の生理活性物質)の合成・分解反応、脂肪酸のω(オメガ)酸化、ビタミンDの活性化反応、薬物など外来化学物質の代謝に関与している。また、トリプトファン(アミノ酸の一種)の代謝においても、トリプトファン2,3-ジオキシゲナーゼ(別名トリプトファンピロラーゼ)やトリプトファン-5-モノオキシゲナーゼが働いている。早石修(はやいしおさむ)(1920―2015)は酸素の安定同位体(18O)を用いて、酸素添加酵素により基質に取り込まれる酸素は空気中の酸素に由来することを確証した。[徳久幸子]
『Lloyd L. Ingraham他著、松尾光芳訳『酸素の生化学――二原子酸素反応の機構』(1991・学会出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオキシゲナーゼの言及

【酸化還元酵素】より

…フラビンを含む酸化酵素では,脱水素反応によって基質がまずフラビンを還元し,ついで還元型フラビンがO2と反応して,H2O2を生ずる。 分子状酸素との直接反応の結果,酸素原子を基質にとりこむ様式の反応を触媒する酵素もあり,これらは酸素添加酵素(オキシゲナーゼoxygenase)と呼ばれる。酸素分子中の2原子のOがいずれも基質にとりこまれる反応を触媒するもの(ジオキシゲナーゼ)と,一方を基質にとりこみ,一方を還元してH2Oにするモノオキシゲナーゼ(ヒドロキシラーゼhydroxylaseともいう)とがあり,鉄,銅などの金属を含むものが多い。…

※「オキシゲナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オキシゲナーゼの関連キーワード酸素添加酵素アコニット酸水添加酵素アミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼコハク酸デヒドロゲナーゼ酸素添加酸素付加ジオキシゲナーゼ二酸素添加酵素ビオプテリン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オキシゲナーゼの関連情報