コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシドリ Aix galericulata; mandarin duck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシドリ
Aix galericulata; mandarin duck

カモ目カモ科。全長 48cmで,アメリカオシに近縁の水鳥。生殖羽(→羽衣)の雄はが赤く先が白い。頭上の羽毛赤褐色で,後ろに長く伸び冠羽(→羽冠)となる。冠羽の下は嘴基部から眼を通った線の上まで半月状に白い。その下の頬,耳羽は赤褐色で,羽毛が長く伸びひげ状にたれる。胸は紫色で,胸脇には白黒各 2本ずつの縦線模様がある。その後方の脇は赤錆色で,さらに後方の両側にイチョウ型の赤栗色の羽毛が立ち,独特な姿を見せている。雌は眼輪が白く,眼の後方にも白線が伸びているが,全体に暗褐色で地味である。山地の渓流や湖にすみ,アメリカオシと同様にその付近の巨木の樹洞など穴内に営巣する。おもに草食だが,昆虫やミミズなども食べる。季節になるとシイ,カシ,ミズナラなどの堅果を好んで採食し,森の中を歩きまわることもある。中国東部,ロシア南東部,朝鮮半島タイワン(台湾)など東アジアに分布し,日本でも全国で繁殖しているが,北にすむ鳥は冬季には本州以南に渡って越冬する。おしどり夫婦といわれ,雌雄の仲がよいたとえにされるが,同じ相手とつがうのは一繁殖期かぎりで,つがい相手は毎年変わる。子育ては雌のみが行なう。(→ガンカモ類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オシドリ

ガンカモ科の鳥。翼長23cm。夏は雌雄ほとんど同色だが雄の冬羽は美しいので有名。東アジアに分布し,日本では全国の山地の湖などで繁殖,冬は暖地へ移る(留鳥または漂鳥)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オシドリ
おしどり / 鴛鴦
mandarin duck
[学]Aix galericulata

鳥綱カモ目カモ科の鳥。中国東北部、朝鮮半島、日本に分布し、雄には鳥類中でもっとも美しいとみられる飾り羽がある。いちょう羽、思い羽、剣羽ともよばれるこの羽は、三列風切(かざきり)第1羽の変化したものである。繁殖が終わると飾り羽は脱落し、同時に美しい冠羽や頬(ほお)の飾り羽も落ち、全体に雌に似たエクリプス羽色(非繁殖羽色)となる。ただ、この時期でも嘴(くちばし)が雌と違い赤色である。雌は全般に灰褐色で、胸とわきには太い灰色の斑(はん)が並び、目の周りが白い顔に特徴がある。体形は全長約45センチメートルで小形ガモ類に似るが、やや足が長い。樹上性で、山地にある川や湖の岸近い森林など水際の暗い所を好み、どんぐりを好んで食べる点も他のカモ類と異なる。皇居や平地の公園などでも、林がある池のほとりにすみ、樹洞に営巣し巣箱も利用する。孵化(ふか)してまもない綿羽の雛(ひな)は、雌親の声に応じて自ら地上に飛び降りる。一夫一妻で、「オシドリ夫婦」の由来となっているが、冬の群れでは雄の数が圧倒的に多く、このなかには非繁殖雄が多いと考えられる。この現象は、外形を美しく飾った性(オシドリでは雄性)に多くみられるものである。これは、他の性(オシドリでは雌性)が多くの雄のなかから、より美しい雄を選んで繁殖行動をすることに起因し、雄の間に選ばれるための美飾競合がおこり、美化を促進するという結果をもたらすためと思われる。
 イギリスでは輸入、放鳥されて増殖し、自然個体群が形成されている。系統上は一般のカモ類と異なり、樹上カモ類であるバリケン族Cairiniに属している。近縁種にアメリカオシがあり、雄はまったく異なるが、雌は似ている。この両種は遺伝学的、生化学的、行動学的に複雑な類似および相違を示す。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オシドリの関連キーワード鳥取県日野郡日野町根雨陣馬相模湖県立自然公園日野(町)(鳥取県)鳥取県日野郡日野町Vファーレン長崎デイブ バーバー山形県の要覧鳥取県の要覧加藤 シヅエ旧白金御料地長崎県の要覧山形[県]ガンカモ科長崎[県]県鳥・県獣鳥取[県]鴛鴦の衾鴛鴦夫婦ナツガモ狩猟鳥獣

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オシドリの関連情報