オベロン(英語表記)Oberon

翻訳|Oberon

デジタル大辞泉の解説

オベロン(Oberon)

ヨーロッパ中世以来の伝説で、妖精の王。仙女ティタニアの夫。シェークスピアウィーラントなどの作品に登場する。
天王星の第4衛星。1787年にF=W=ハーシェルが発見。名はシェークスピアの「真夏の夜の夢」に登場するに由来。天王星系で2番目の大きさで、表面にはクレーターや峡谷が見られる。直径は約1520キロ(地球のおよそ0.12倍)。平均表面温度はセ氏マイナス212度以下。
ウェーバーオペラ。全3幕。正式名称は「オベロン、または妖精の王の誓い」。1826年にロンドンで初演。中世フランスのロマンスを題材とするウィーラントによる叙事詩オーベロン」に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オベロン

妖精(ようせい)の王。フランス,ドイツの伝説の小人アルベロン,アルベリヒの変形したもの。フランス13世紀初頭の武勲詩《ボルドーのユオン》に登場,主人公を助けてユオンの美女エスクラルモンドを征服させる。のちチョーサースペンサーウィーラントウェーバーがオペラ化)の作品,シェークスピアの《夏の夜の夢》にも登場する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オベロン【Oberon】

チュートンの民間伝承に属するドワーフ(小人)系の妖精。各国中世伝説にさまざまな姿で現れている。ドイツの《ニーベルンゲンの歌》で英雄ジークフリートが獲得する秘密を守る小人の妖精王はアルベリヒAlberichで,〈エルフの王〉の意。フランスの中世騎士物語《ボルドーのユオン》では,主人公を超人的な力で助ける背丈3フィート(約90cm)の森の妖精王として現れ,名まえもオーベロンAuberonに変化した。一説にはアーサー王伝説の湖の精モルガンとシーザー(カエサル)の息子といわれ,誕生時に妖精ののろいで小さくされ,また超能力も与えられたといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オベロン【Oberon】

ヨーロッパの伝説上の妖精の王。チョーサー・スペンサー・シェークスピア・ウィーラントなどの作品に登場する。ウェーバーに同名のオペラがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オベロン

(Oberon) ドイツ、フランスの伝説に出てくる妖精の王。仙女王ティタニアの夫。ウィーラントの長編叙事詩「オベロン」と、それを脚色したウェーバーの同名の歌劇があるほか、シェークスピアなどの作品にも登場する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android