コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロシ オロシ

2件 の用語解説(オロシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロシ
オロシ

義太夫節の節章の一つ。通常,記譜は「フシ」とする。情を強調する荘重な文章につけられ,大オトシに次ぐ重厚な旋律。主として時代物に用いられる。大序 (全段の発端) のオロシは特に大オロシといい,長くゆったりとしたもので,これに限り「オロシ」と記譜する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おろし【オロシ】

日本音楽,芸能の用語。(1)能や長唄の打楽器の手組の一種。頭組かしらぐみ)から(じ)へ移るために打つ手組。同じ性格の手組を〈オロシノ類〉と呼ぶが,これを単にオロシともいう。(2)能の舞事(まいごと)の楽句名。舞の進行に区切りをつける〈〉のあと,基本である〈地〉に移る前に置かれ,テンポをゆるめて変化をつける部分。笛は〈オロシノ譜〉と呼ばれる特別な旋律を奏し,打楽器もオロシノ類を打つ。ただし,舞の最終節や,〈急ノ舞〉などの急迫した性格の舞事には,この楽句は置かれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オロシの関連キーワード老松音曲双調日本音楽盤渉拍子盤乞合鳴物キザミ(刻)ちりから

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オロシの関連情報