オロシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロシ

義太夫節の節章の一つ。通常,記譜は「フシ」とする。情を強調する荘重な文章につけられ,大オトシに次ぐ重厚な旋律。主として時代物に用いられる。大序 (全段の発端) のオロシは特に大オロシといい,長くゆったりとしたもので,これに限り「オロシ」と記譜する。オロシによく似た曲節にオロシカカリがあるが,オロシほど重くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おろし【オロシ】

日本音楽,芸能の用語。(1)能や長唄の打楽器の手組の一種。頭組(かしらぐみ)から(じ)へ移るために打つ手組。同じ性格の手組を〈オロシノ類〉と呼ぶが,これを単にオロシともいう。(2)能の舞事(まいごと)の楽句名。舞の進行に区切りをつける〈〉のあと,基本である〈地〉に移る前に置かれ,テンポをゆるめて変化をつける部分。笛は〈オロシノ譜〉と呼ばれる特別な旋律を奏し,打楽器もオロシノ類を打つ。ただし,舞の最終節や,〈急ノ舞〉などの急迫した性格の舞事には,この楽句は置かれない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android