コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーラミン オーラミン auramine

7件 の用語解説(オーラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーラミン
オーラミン
auramine

代表的なジフェニルメタン塩基性染料。 C17H22ClN3 。融点 267℃の黄色結晶性粉末。木綿,ナイロンなどを美しい黄色に染め,しかも安価であるが,光に弱く,水とともに 70℃以上に熱すると分解するという欠点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーラミン(auramine)

代表的な黄色塩基性染料。着色性がよく、木綿・紙・皮革などの染色に広く用いられる。以前は食品にも用いたが、毒性があり現在は使用禁止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーラミン

黄色塩基性染料の一種。ミヒラーケトン(CH32N・C6H4・CO・C6H4・N(CH32を塩化アンモニウムおよび塩化亜鉛と熱するなどの方法で得られる。
→関連項目春慶塗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

オーラミン

 合成黄色色素.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オーラミン【auramine】

ジフェニルメタン系構造をもつ,代表的黄色塩基性染料。N,Nジメチルアニリン中に硫黄を溶かし,これに塩化アンモニウムおよび食塩を加えてアンモニア気流中で175℃に加熱する方法,またはジメチルアニリンとホスゲンからミヒラーケトン(4,4′‐ビスジメチルアミノベンゾフェノン)をつくり,これにアンモニアと塩化亜鉛を加えて150~160℃に加熱する方法で製造される。水,エチルアルコールに黄色に溶ける。とくに光に弱いが(耐光堅牢度1級),色が鮮明で美しく,繊維の染色ばかりでなく,紙,皮革の染色,染めつけレーキ顔料に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オーラミン【auramine】

黄色の塩基性染料の一。化学式 C17H22ClN3 木綿・レーヨン・絹・羊毛・紙・皮革などの染色に用いる。毒性が強く、食品に対しては使用禁止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーラミン
おーらみん
auramine

ジフェニルメタン系の黄色塩基性染料。4,4'-ビスジメチルアミノジフェニルメタンを硫黄(いおう)、塩化アンモニウム、塩化ナトリウムとアンモニア気流下で約200℃に加熱して合成される。各種繊維や、木、革、紙などを黄色に染色できる。着色力は強いが、耐光性が低いこと、水中で70℃に加熱するとミヒラーケトンに加水分解することが欠点である。安価であるので多量に生産されている。沢庵(たくあん)の着色に用いられることもあったが、毒性のあるところから現在では食品用色素としての使用は禁止されている。商品名はオーラミンOである。オーラミンGはオーラミンのメチル誘導体で、オーラミンよりもやや緑みがある。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーラミンの関連キーワードジフェニル緩下剤ジフェニルグリオキサールフェニルピルビン酸尿トリフェニルメタン顔料1,2-ジフェニルエタンジフェニルエタンジオントリフェニルメタン色素フェニルメルカプタンフェニルブタゾン (phenylbutazone)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone