コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティリャ王国 カスティリャおうこく

百科事典マイペディアの解説

カスティリャ王国【カスティリャおうこく】

中世,イベリア半島の王国。10世紀前半フェルナン・ゴンサレスが統一を進め,1037年フェルナンド1世の下に建国,レオン王国を併合した。ウマイヤ朝のイスラム教徒と戦って13世紀にその首都コルドバを奪い国土を拡大(レコンキスタ)。
→関連項目アルフォンソ[10世]カスティリャ国土回復戦争レオン王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カスティリャおうこく【カスティリャ王国 Corona de Castilla】

中世イベリア半島の中央部に成立したキリスト教国。13世紀中葉以来,半島最大の領土を占め,15世紀後半にカトリック両王の結婚を通じてアラゴン連合王国と結ばれて,近代スペイン生成の主役を演じた。他のキリスト教諸国と同じく,カスティリャの起源もアル・アンダルスとの対立抗争のうちに求められる。その発祥地はエブロ川上流のビリャルカージョ一帯で,ここはアストゥリアス・レオン王国の東の辺境をなし,同川に沿って侵攻してくるアル・アンダルス軍との不断の戦場だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカスティリャ王国の言及

【スペイン語】より

…ところが国土回復戦争の南進にともない,主導権を握ったのはカスティリャであり,途中でむしろレオン王国を合併するような形で,カスティリャ・レオン王国を形成した。さらに15世紀後半アラゴン王国と連合してスペイン王国を形成したのもイサベル1世に率いられたカスティリャ王国であった。このようなわけでカスティリャ方言が標準スペイン語の地位を獲得するにいたったのである。…

【スペイン帝国】より

…一般に16世紀から17世紀前半にかけて,ヨーロッパ,アメリカ,アジアの諸地域を支配し,かつ西ヨーロッパの列強に伍したころのスペインを指す。そして文化史の視点からは,この時代はスペインの黄金の世紀Siglo de Oroと呼ばれる。なお,〈スペイン帝国〉とは後世に造られた呼称であって,当時のスペイン王は自分の版図をカトリック王国Monarquía católicaと呼び慣らわした。さらに自国領以外の土地およびその住民に対する統治行為の意味に〈帝国〉を解するならば,〈スペイン帝国〉は1898年まで続いた。…

【フェルナンド[1世]】より

…在位1035‐65年。ナバラ王サンチョ3世(大王)の次男で,即位後まもなくレオン王をタマロンの戦(1037)で破って同国を合併,新興カスティリャ王国の地位を固めた。さらに1054年には兄のナバラ王ガルシア3世をアタプエルカに破って東部の旧領土を回復した。…

※「カスティリャ王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カスティリャ王国の関連キーワードフェルナン・ゴンサレスアルフォンソ[10世]フェルナンド[1世]アル・アンダルスイサベル[1世]コムネロスの反乱アウディエンシアバリャドリードエル・シッドコレヒドールマリーン朝カステラナスル朝セゴビアゲルニカブルゴストレド

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android