コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナン Canaan; Kěna‘an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナン
Canaan; Kěna‘an

パレスチナ地方の古代の名称。語源は,フェニキア人がみずから呼ぶのに用いた「ケナアニ (カナン) 」に由来するとされているが,ケナアニには「商人」という意味がある。また当時の貴重な商品,赤みを帯びた紫の染料をアッカド人がキナフ kinahhuと呼んだことにも関連するといわれ,古くから栄えた。人間居住の跡は旧石器時代にまでさかのぼり,前 7000年頃には農耕を行なっていた。やがて都市を形成し,貿易に従事して高度な文明を発達させた。文書の記載は,前 15世紀のエジプトのアメンホテプ2世の碑文をはじめとするが,『創世記』9章 18,10章6にもハムの子としてカナンの名がみえ,セム系民族中重要なアモリ人との関係も考えられる。前3千年紀にはセム族が居住していたようで,当時の町として,エリコ,メギド,ウガリト,ビブロスなどがあり,これらが発掘されて当時の文化が明らかになった。この地はエジプト歴代の王朝の影響を受けるとともに東方からの影響も強く受けており,マリ文書はそれを物語る。ヒクソスのエジプト侵略に際してはその影響を受け,ヒッタイトやフルリ人の影響も受けた。ヒクソス滅亡 (前 16世紀) 後,再びエジプトの政治的支配を受けたことはアマルナ文書に記録されている。カナンはアブラハムとその子孫にとって「約束の地」とされ,イスラエル人のカナン侵入後は,イスラエルの地 (サムエル記上 13・19) とか,ヘブライ人の地 (創世記 40・15) と呼ばれた。ギリシア人はここをフェニキアと呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カナン

パレスティナおよびシリア南部の古名。前2000年紀からエジプトの影響下にカナン人が活動,前13世紀末にイスラエル人が征服。旧約聖書ではアブラハムとその子孫に与えられた〈乳と蜜の流れる〉約束の地(《創世記》12)であった。
→関連項目イスラエル王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナン【Canaan】

パレスティナおよび南シリアの古代の呼称。イスラエルの民は,エジプトを脱出した後シナイネゲブの荒野を彷徨(ほうこう)していたころ,神から約束されていながらまだ手にしていない〈乳と蜜の流れる地〉としてあこがれた。前2千年紀の初めころから,エジプト人はこの地方をレテヌRetenu,そしてその住民を〈アジア人〉と呼んでいた。しかしトトメス3世の時代(前15世紀前半)には,エジプト語の文献は同じ地方に対しフルHurruという名称も使用するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カナン【Canaan】

パレスチナ地方の古名。紀元前一三世紀頃、古代イスラエル民族が侵入し、先住民カナン人を征服して定着。聖書では神がアブラハムとその子孫に与えると約束した地として描かれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカナンの言及

【パレスティナ】より

…前4000年ころから銅の採掘・冶金が開始され(ガッスール期),周壁をもつあまたの都市が生まれた。やがてエジプトやメソポタミアやアナトリアとの交易の発展のもとで,またこれら周囲から発する巨大な政治的・軍事的ヘゲモニーの交錯のはざまにあって,この地域とその周辺はカナンと呼ばれるようになったが,カナンでは,主としてエジプトからの政治的支配が消長するとともに,多様な勢力・集団が侵入・登場し,また融合しあった。 前1200年ころフィリスティア人(ペリシテ人)として知られる〈海の民〉の集団が到来し,また前1000年ころにはイスラエルの民の王国が成立した(イスラエル王国)。…

【みつ(蜜)】より

…みつは人類が最初に知った甘味食品で,その重要性は多くの民族の伝承の中に色こく投影されている。【鈴木 晋一】
[聖書におけるシンボリズム]
 旧約聖書は,地中海東部のカナンの土地を〈乳とみつの流れる地〉(《出エジプト記》3:8,3:17)として形容し,しばしば神の約束の土地の代名詞,あるいは天国の比喩としても使用された。乳もみつも,もともと豊饒のシンボルであり,古代イスラエル民族が,カナン定住以前に営んでいたであろう遊牧文化の記憶と結合していたことは想像に難くない。…

【ユダヤ教】より

…したがって,まず民族史を語らずにユダヤ教を説明することはできない。
【歴史】

[古代イスラエル時代]
 前2千年紀初頭に,神に選ばれたヘブライ人アブラハムが,カナン(のちのパレスティナ)へ移住したできごとによって,ユダヤ民族の前史は始まる。遊牧民アブラハムは,彼の子孫にカナンの地を与えるという神の約束を受けた(〈アブラハム契約〉)。…

※「カナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カナンの関連キーワードグレーターブルーマウンテンズ地域タバカットファハルキリアテ・ヤリムルルアブルグフェニキア語ルルアブールヘブライ文字シナイ文字ペリシテ人キンネレテイシュタルダビデの塔ヘブライ語ヨシュアシメオンカフトルモアブ語セム諸語カナン語エブス人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナンの関連情報