コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフィエリ カフィエリCaffièri, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフィエリ
Caffièri, Jacques

[生]1678.8.25. パリ
[没]1755. パリ
フランスの彫刻家,鋳金家,彫金家。彫刻作品はメッキの装飾的胸像が多い (作例『ブザンバル男爵像』) 。装飾デザインにすぐれ,シャンデリア,置時計,家具の装飾金具の制作,室内装飾の分野で活躍,はなやかなフランス・ロココ様式を示す。イタリア出身で 1660年にパリに移住し,ル・ブランのもとで仕事をした彫刻家フィリップ・カフィエリ (1634~1716) の5男。ほかの兄弟および子供 (J-J.カフィエリ ) たちも彫刻家ないし工芸家。

カフィエリ
Caffièri, Jean-Jacques

[生]1725.4.29. パリ
[没]1792.6.21. パリ
フランスの彫刻家,鋳金家,彫金家。 J.カフィエリの息子。 1748年ローマ大賞を獲得し,59年アカデミー会員となる。 57~89年のサロンに出品。作風はロココ調で『ラモー像』『コンデ公王子像』など胸像が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カフィエリ【Jacques Caffieri】

1678‐1755
フランスの金工家。パリに生まれる。その息子フィリップ(1714‐74)とともに,ルイ15世様式(ルイ王朝様式)の代表者とされる。〈王の彫刻家,鋳金家,彫金家〉の称号をもち,豪華な宮廷用装飾品を数多く手がけた。ベルサイユ宮殿の王の居室におかれた時計は,とくに有名。作風は,豊かな湾曲をもつ鋳造の本体に,精緻な彫刻をほどこし,全体を鍍金する手法をとることが多い。【友部 直】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カフィエリ
かふぃえり
Jacques Caffieri
(1678―1755)

フランスの金工家。バロック後期からロココ初期にかけて活躍し、ブロンズに鍍金(ときん)した装飾彫刻、金具などに優れ、ルイ王朝様式、ルイ15世様式における代表的作家として宮廷の愛顧を受けた。とくにベルサイユ宮「時計の間」の置時計は、傑作として名高い。その子フィリップPhilippe Caffieri(1714―74)もルイ15、16世治下に活躍、多くの装飾作品を手がけた。[友部 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカフィエリの言及

【簞笥】より

…コモドの表面の装飾にはウォールナットの化粧張りに精巧な花模様の寄木細工が加わり,四隅には金めっきのブロンズ金物が用いられた。宮廷彫金師J.カフィエリは装飾用の華麗なブロンズ金具によって,ロココの装飾的効果を巧みに出している。フランス革命後のディレクトアール様式からアンピール様式に至るコモドは,彫刻や寄木細工などの装飾を排除して,マホガニーによる直線的な構成とそれに金めっきのブロンズ表装をあしらったシンプルな形式になった。…

※「カフィエリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カフィエリの関連キーワードカフィエリ[一族]シャンデリア8月25日置時計

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android