コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリシュ Kalisz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリシュ
Kalisz

ポーランド中部,ウィエルコポルスキェ県の都市。ウッチの西約 100km,プロスナ川に臨む工業都市。ポーランド最古の都市の一つで,すでに2世紀にクラウディオス・プトレマイオスの『地理学便覧』 Geographike hyphegesisにカリシアとして名がある。ローマ帝国とバルト海を結ぶいわゆる琥珀の道上の要地であった。 13世紀カリシュ公国の首都。 1343年ここでポーランド王国とドイツ騎士団との間にカリシュ和平条約が結ばれた。 1793年第2次ポーランド分割によりプロシアに占領された。第2次世界大戦中は対ドイツ抵抗運動の中心地の一つで,住民約2万 8000人が殺された。産業は織物業が最も盛ん。人口 10万 9498 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリシュ【Kalisz】

ポーランド中西部,同名県の県都。人口10万6800(1995)。ポズナンの南東100kmにあり,2世紀のプトレマイオスの地理書にも登場する歴史的都市である。ポーランド王国発祥の基盤となったビエルコポルスカ平野の一角を占め,バルタ川の左岸支流のプロスナ川に臨む。カリシュの北は氷河性の平野と低地,南はモラビアから南ヨーロッパに通ずる南北交通と遠隔地貿易の要衝にあり,コハク貿易の中継地として栄えた。早くからレース,ビロード絹織物など手工業が発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリシュ
かりしゅ
Kalisz

ポーランド中西部、ビエルコポルスカ県の都市。人口8万0766(2002)。ポズナニの南東100キロメートルにあり、2世紀、プトレマイオスの時代に記録に登場するポーランド最古の都市である。ポーランド王国発祥の基盤となったビエルコポルスカ平野の一角を占め、バルタ川の支流のプロスナ川に臨む。カリシュは、モラビア(チェコ)を経て地中海に至る南北の遠隔地貿易のルートにあり、琥珀(こはく)取引の中心であった。早くからレース、ビロード、絹織物など手工業が発達した。現在各種の繊維工業のほか、電気機械、カリシアの名で知られるピアノ製造、皮革工業が盛ん。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カリシュの関連キーワードウィエルコポルスカマウォポルスカドンブロフスカアステカ文化解放戦争マーラー山本

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android