コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポズナン Poznań

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポズナン
Poznań

ポーランド西部,ウィエルコポルスキェ県の県都。ドイツ語ではポーゼン Posen。南ウィエルコポルスカ低地の中央,ワルタ川沿いに位置する。9世紀に城塞として建設され,グニェズノとともにポーランド草創紀の中心都市であった。 968年にはポーランド最初の司教座が置かれた。交通の要地にあって商業が発達。 15世紀にはヨーロッパの交易中心地の一つとなり,16世紀にはポーランドの輸出入品の大部分がポズナンを経た。 17世紀半ばのスウェーデン戦争,18世紀初頭の北方戦争により市街を破壊され,1793年にはプロシアに占領された。 1807~15年はウィエルコポルスカ地方とともにワルシャワ公国領となったが,のちプロシアに再併合され,1918年,大蜂起によりドイツ軍とソビエト連邦軍の激戦場となった。 1956年6月,労働者,学生によって起こされた反政府運動 (ポズナン暴動 ) はポーランドの民主化に大きな役割を果たした。近代以降はポーランド有数の金属工業都市で,繊維,機械,ゴム,食品加工,化学,印刷などの工業も行なわれる。また商業の大中心地でもあり,1921年以来,国際見本市が毎年行なわれている。ワルタ川左岸の旧市街を中心に聖堂 (1453創建) ,市庁舎 (1550~55) など歴史的建築物が多い。文教面ではアダム・ミツケーウィチの名を冠した大学などの高等教育機関をはじめ,歌劇団や交響楽団などをもち,博物館,美術館,劇場などの施設も優れている。人口 57万 8235 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポズナン

ポーランド西部,バルタ川に臨む河港都市。ドイツ名はポーゼンPosen。穀倉地帯の中央にあり,文化・学術・商工業の中心地。ポーランド最古の都市の一つで,歴史的建造物も多い。
→関連項目ポーランド統一労働者党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポズナン【Poznań】

ポーランド中西部,ビエルコポルスカ地方の中心都市で,同名県の県都。ポズナニともいう。ポーランド第5の都市で,ポーランド経済・文化の中心地。人口58万2300(1995)。ドイツ名ポーゼンPosen。オーデル川の支流バルタ川の両岸にあり,市の歴史的中心は,右岸のトムスキー島地区で,ロマネスクの聖ヨハネ教会やゴシックの大聖堂が知られる。ビエルコポルスカ大平原を後背地にもち,集約的な農業が特徴の肥沃な穀倉地帯の中央にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポズナンの関連キーワードオストルフウィエルコポルスキヤーヌシ グラビアンスキー序奏と華麗なるポロネーズサルマン ショッケンジャン ルトコフスキアルフレド レニツァハインリッヒ カロミエロスワフスキシュタインメッツドンブロフスキシュワルツコプポズナニ大聖堂ジェロナグーラマウォポルスカランギェウィチヤン レニツァスターリン批判バルタ[川]レオ ベッククリューガー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポズナンの関連情報