コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロリング・ルネサンス カロリングルネサンス

百科事典マイペディアの解説

カロリング・ルネサンス

8世紀末から9世紀初め,カロリング朝フランク王国,特にカール大帝の宮廷を中心に興った古典文化復興運動Renaissance Carolingienneという。高い教養をもつ聖職者兼官吏を確保するため,聖堂や修道院に学校の創設を命じた勅令(789年)に始まる。
→関連項目アーヘン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロリング・ルネサンス

カロリング朝美術」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カロリング・ルネサンスの関連キーワードサン・ジェルマン・デ・プレ修道院カロリング・ルネサンスアルフォンソ[2世]ラバヌス・マウルスカルル1世(大帝)アーヘン大聖堂アインハルトエリウゲナアルクイン中世科学アダ群