カロリング・ルネサンス

百科事典マイペディアの解説

カロリング・ルネサンス

8世紀末から9世紀初め,カロリング朝フランク王国,特にカール大帝の宮廷を中心に興った古典文化復興運動Renaissance Carolingienneという。高い教養をもつ聖職者兼官吏を確保するため,聖堂や修道院に学校の創設を命じた勅令(789年)に始まる。古代ローマ文化を範とし,主眼をラテン語の純化と普及に置いた。フランク人のアインハルトアルクイン(イングランド出身),ペトルスPetrus(イタリア出身)などがアーヘンの宮廷周辺に集まって,全西欧的性格をもつ文化となった。美術では宮廷・修道院が推進母体となり,古代様式を規範とし,寺院の造営・保存を奨励した。アーヘンの宮廷礼拝堂(現,アーヘン大聖堂)のような大建築もローマ以来の建築伝統を復活したもの。また聖書,福音書などの写本の装飾挿絵は古代復興の努力を端的に示す。彫刻は青銅や象牙の小品以外に遺品が少ない。
→関連項目アーヘン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android