カロリング・ルネサンス

百科事典マイペディアの解説

カロリング・ルネサンス

8世紀末から9世紀初め,カロリング朝フランク王国,特にカール大帝の宮廷を中心に興った古典文化復興運動Renaissance Carolingienneという。高い教養をもつ聖職者兼官吏を確保するため,聖堂や修道院に学校の創設を命じた勅令(789年)に始まる。古代ローマ文化を範とし,主眼をラテン語の純化と普及に置いた。フランク人のアインハルトアルクイン(イングランド出身),ペトルスPetrus(イタリア出身)などがアーヘンの宮廷周辺に集まって,全西欧的性格をもつ文化となった。美術では宮廷・修道院が推進母体となり,古代様式を規範とし,寺院の造営・保存を奨励した。アーヘンの宮廷礼拝堂(現,アーヘン大聖堂)のような大建築もローマ以来の建築伝統を復活したもの。また聖書,福音書などの写本の装飾挿絵は古代復興の努力を端的に示す。彫刻は青銅や象牙の小品以外に遺品が少ない。
→関連項目アーヘン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android