コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンラン(橄欖)石 かんらんせき

1件 の用語解説(カンラン(橄欖)石の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カンラン(橄欖)石【かんらんせき】

透明でガラス光沢をもつ水あめ色または暗緑色のケイ酸塩鉱物。オリビンとも。斜方晶系。産状は粒状,硬度6.5〜7,比重3.22〜4.39。苦土カンラン石Mg2SiO4と鉄カンラン石Fe2SiO4の固溶体で,ふつう少量のMn,CaがFe,Mgを置換。
→関連項目誕生石月(天体)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カンラン(橄欖)石の関連キーワード灰重石クリスタルガラス十字石スカポライト毒重石玻璃長石陽起石緑柱石ガラス光沢非金属光沢

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone