コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンラン(橄欖)石 かんらんせき

百科事典マイペディアの解説

カンラン(橄欖)石【かんらんせき】

透明でガラス光沢をもつ水あめ色または暗緑色のケイ酸塩鉱物。オリビンとも。斜方晶系。産状は粒状,硬度6.5〜7,比重3.22〜4.39。苦土カンラン石Mg2SiO4と鉄カンラン石Fe2SiO4の固溶体で,ふつう少量のMn,CaがFe,Mgを置換。
→関連項目誕生石月(天体)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android