カーディフ(英語表記)Cardiff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーディフ
Cardiff

イギリスウェールズ南東部の都市,ウェールズの首都。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。ウェールズ語では Caerdydd。旧グラモーガン県に属する。1974年の自治体再編でサウスグラモーガン県の県都,および一地区となり,1996年に単一自治体となった。ロンドンの西約 240km,ブリストル海峡最奥部の北岸に位置する港湾都市で,タフ川の河口にある。75年頃ローマ人が築いた砦の跡に 1090~93年にノルマン人が要塞を築き,ウェールズ攻略の拠点とし,さらに約 50年後ここに城を建設した。町はこの城のまわりに形成され,中世には多くの勅許状を得て市場町として,また周辺一帯の農産物の積出港として繁栄。しかし大きく発展したのは 19世紀に入ってからで,1801年にわずか 1018人であった人口はその後 100年間に急増した。これは背後の豊かな南ウェールズ炭田に広がる鉱工業地帯との連絡交通網が整備され,また小河港に代わって大規模な新港が建設された結果で,20世紀初めには世界最大級の石炭積出港に発展。その後石炭産業の斜陽化に伴って積出量が激減,1963年に石炭の積み出しは完全に停止したが,その後も南ウェールズ全域を商圏とする商業都市として繁栄した。また工業中心地としても重要で,機械をはじめ,製粉,食品,ビール醸造,たばこ,繊維,自動車部品など多種にわたる工業がある。城や大聖堂のほかは歴史的な建築物はほとんどないが,シビック・センター,ウェールズ国立博物館,ウェールズ国立戦争記念館などの著名な近代建築があり,ウェールズ大学本部をはじめとする教育・文化施設も多い。面積 139km2。人口 31万6800(2004推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カーディフ

英国西部,ウェールズ南部の港湾都市。サウス・グラモーガン州の州都で,ウェールズの事実上の中心と目されている。ブリストル湾に臨む。中世の城を中核に市街が発達,19世紀に石炭積出港として急速に発展。製鉄,金属,化学,製粉,ビールなどの工業が行われる。カーディフ大学(1883年創立),ウェールズ国立博物館がある。34万6090人(2011)。

カーディフ

イギリスの撮影監督,映画監督。ノーフォークの生まれ。マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督作品の《黒水仙》(1947年)でアカデミー撮影賞受賞。他に,パウエル&プレスバーガーの《赤い靴》(1948年),ジョン・ヒューストン監督作品の《アフリカの女王》(1951年)などの撮影を担当した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーディフ【Cardiff】

イギリス,ウェールズ南西部,サウス・グラモーガン州の工業都市で州都。人口30万3000(1995)で,ウェールズ最大。地名は〈タフ川の要塞〉の意。ブリストル海峡の北岸,タフ川の河口部に位置し,背後に南ウェールズ炭田を有するため,20世紀初期までは良質のカーディフ炭を中心とする世界最大の石炭輸出港として繁栄した。現在は港湾地区で造船,製鉄,機械,食品加工などの工業が発達する。町の起源は,75年ころにタフ川の渡河点に建設されたローマ軍の要塞にあり,その廃墟にノルマン征服後の1090年,グロスター伯がカーディフ城を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カーディフ【Cardiff】

イギリス、ウェールズ南部の大西洋に面する港湾都市。ウェールズの行政・産業・文化の中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーディフの関連情報