ガヤ(読み)がや(英語表記)Gaya

翻訳|Gaya

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガヤ(インド)
がや
Gaya

インド北東部、ビハール州パトナ県の宗教都市。人口38万3197、周辺部を含む人口39万4185(2001)。ヒンドゥー教の聖地の一つでビシュヌ・パード寺院があるが、仏教の聖地としてとくに有名である。釈迦(しゃか)が修行して解脱(げだつ)し覚者(仏陀(ぶっだ))となったブッダガヤは、ガヤの南約10キロメートルに位置する。周りの岩山には仏教遺跡が多数散らばり、金剛座の跡には高さ54メートルの大塔がそびえ、緑の老樹で囲まれる。世界各地からの巡礼客が絶えず、観光地化が著しい。[村上 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガヤの関連情報