ガヤ

大辞林 第三版の解説

ガヤ【Gaya】

インド北東部、ビハール州中部にある宗教都市。ビシュヌ神をまつる大寺院があり、ヒンズー教徒の聖地。南郊に仏教の聖地ブッダガヤがある。伽耶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ダイビング用語集の解説

ガヤ

ヒドロ虫類の有鞘(ゆうしょう)類に属する動物の総称。一本のから多くの枝がでていて、しかも幹が岩などに直立して付いているため、一見海藻のように見える。代表的なものにはクロガヤシロガヤなどがあり、いずれも毒性があって刺されるとやけどのような痛みと、後に強い痒みを被ることになる。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガヤの関連情報