ガリウム(英語表記)gallium

翻訳|gallium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元素記号 Ga原子番号 31,原子量 69.723。天然には2種の安定同位体であるガリウム 69と 71がある。周期表 13元素。 1875年フランスの P.ボアボードランにより発見された。希元素ではあるが,地殻に広くかつ均一の濃度で分布している。単体銀白色金属で,融点 29.78℃。化学的性質アルミニウムに類似する。アルカリと反応して溶解し,水素を発生する。融点が低いので,高温寒暖計に,また低融点合金,半導体材料などとして使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

元素記号はGa。原子番号31,原子量69.723。融点29.7646℃,沸点2208℃。1875年P.E.ルコック・ド・ボアボードランが発見,ガリアGalliaにちなんで命名。帯青白色の柔らかい金属。空気中では安定。酸,アルカリに可溶。融点が低いため,低融点合金,温度計などに使用。III‐V化合物半導体の材料として重要で,発光ダイオードやレーザー素子,高速動作トランジスターに利用されている。おもにボーキサイトからアルミナを精製する際の副産物として得られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

周期表元素記号=Ga 原子番号=31原子量=69.723±4地殻中の存在度=15ppm(34位)安定核種存在比 69Ga=60.2%,71Ga=39.8%融点=29.78℃ 沸点=2403℃固体の比重=5.913(25℃)液体の比重=6.1(30℃)電子配置[Ar]3d104s24p1 おもな酸化数=II,III周期表IIIB族に属するアルミニウムと同族金属元素。天然にはつねに亜鉛,鉛,ゲルマニウムまたはアルミニウムに伴って極少量(0.002%以下)産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

13 族(ホウ素族)元素の一。元素記号 Ga  原子番号31。原子量69.72。青白色の軟らかい金属。融点は摂氏29.7度で水銀、セシウムに次いで低く、高温用温度計に利用。半導体材料として重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周期表第13族に属する元素。1875年、フランスのボアボードランが分光分析によりピレネー産の閃(せん)亜鉛鉱中に紫色の輝線を示す新元素をみつけ、フランスのラテン名Galliaにちなんで名づけた。ロシアのメンデレーエフが1869年に予言したエカアルミニウムにあたる。分散元素で、天然に単体としては存在せず、希産ではあるが広く分布している。アルミニウム、亜鉛抽出の副産物として得られる。高純度金属は、帯融解法により精製する。軟らかい青みを帯びた白色金属で、融点が低く、液体の温度範囲が広く、固化に際して膨張する。低融点のため塵埃(じんあい)などが付着すると暗色の液体となっていることが多い。アルミニウムに似て金属は酸、水酸化アルカリ水溶液に溶ける。低温では酸化物皮膜により安定であるが、高温では酸素と反応して酸化ガリウム()を生じる。酸化物は両性で酸化アルミニウムより酸性が強い。酸化数の化合物が普通であるが、の酸化物、ハロゲン化物も知られる。酸化数の化合物と思われるものは、たとえばGaCl2はGaIGaIIICl4のようにの共存する化合物である。金属間化合物とくにヒ素、アンチモン、リンとの化合物は半導体の性質があり、発光素子、ミリ波、マイクロ波の発振素子などのほか、高温での整流器、トランジスタ、太陽電池などに用いられ、酸化物はカラーテレビの緑色蛍光体として、金属は液体合金の製造に用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (gallium)⸨ガリューム⸩ 土類金属元素の一つ。記号 Ga 原子番号三一。原子量六九・七二三。青みがかった白色、斜方晶系の柔らかい金属。融点は摂氏二九・七八度と低く、気温が高いと液状になる。高温温度計、合金元素などに用いられる。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

Ga.原子番号31の元素.電子配置1s22s22p63s23p63d104s24p1の周期表13族元素.原子量69.72.2種類の安定同位体と11種類の放射性同位体(69Ga,71Ga)が知られている.1875年P.E. Lecoq de Boisbaudranがせん亜鉛鉱の分光分析で発見し,かれの母国で鉱石の産地フランスの旧名Galliaから元素名をとった.
天然には,亜鉛鉱石中やケイ酸塩中に微量含まれている.地殻中の存在度18 ppm.塩化ガリウムの融解電解か,酸化ガリウムを水素で還元して得られる.帯青白色の軟らかい金属.斜方晶系.融点29.78 ℃,沸点2403 ℃.密度5.904 g cm-3(25 ℃),6.1 g cm-3(30 ℃,液体).空気中で安定で,水にも侵されない.酸には水素を発生し,塩をつくって溶ける.常温で塩素,臭素と化合し,熱すればヨウ素,酸素,水素とも結合する.強熱すればアンモニア,硫黄,硫化水素とも反応する.高温では燃焼してGa2O3となる.ほかの金属を侵し合金をつくって溶ける.保存容器として使える材料はタングステン,タンタルのみである.高温用温度計,低融点合金の成分,半導体の製造などに用いられる.67Ga はガリウムシンチレーション法に用いられる.[CAS 7440-55-3][別用語参照]ガリウム化合物

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガリウムの関連情報