コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセキレイ Motacilla cinerea; grey wagtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセキレイ
Motacilla cinerea; grey wagtail

スズメ目セキレイ科。全長 20cm。が長く,体形も細長い。羽色は眉斑と頬線が白色,背面が灰色で,繁殖期の雄は喉が黒く,胸腹部が黄色。腹,脇はやや白色がかる。喉は冬季の雄では雌同様に白く,頬線も目立たない。ヨーロッパ南部からロシア東部,中国カムチャツカ半島,日本などで繁殖する。ヨーロッパ南部や中央アジア,日本の本州以南では留鳥で,北方で繁殖する鳥はアフリカ北部や東部,南アジアから東南アジアに渡って越冬する。日本では北海道,本州,四国地方九州地方吐噶喇列島で繁殖し,繁殖期には渓流沿いにすむ。春に「ちちちちっ,ちちちちっ」と美しい声でさえずる(→さえずり)。巣は崖のくぼみや人家の軒下などにつくる。冬季は農耕地や市街地にも姿を見せる。昆虫食で,地上にいるときには絶えず尾羽を上下に振り,歩きながら,ときには飛びながら獲物をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キセキレイ

セキレイ科の鳥。翼長8cm。尾が長く,頭から背にかけて暗灰色,のどは黒く,胸や腹は黄色。尾を上下によくふる習性がある。ユーラシアからアフリカにかけて広く分布。日本では九州以北の平地から高山の渓流に生息し,水辺の昆虫を食べる。
→関連項目セキレイ(鶺鴒)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キセキレイ【grey wagtail】

スズメ目セキレイ科の鳥(イラスト)。低地から山地の渓流や小川の近くにすみ,水辺や地上を歩きながらおもに水生昆虫を食べている。流水があるところによく見られ,ときには高山の雪渓の近くにもいる。また,湖沼や池や水田などの水辺にもすむ。全長約17cm。体の上面は青灰色,下面は淡い黄色で,翼上面は黒く,飛んだとき細い筋が見える。尾は非常に長く,全長の約半分を占める。この尾を上下に振りながら水辺を歩き,岩から岩へと飛び,餌をさがす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キセキレイ
きせきれい / 黄鶺鴒
gray wagtail
[学]Motacilla cinerea

鳥綱スズメ目セキレイ科の鳥。同科セキレイ属10種中の1種。全長約20センチメートル。背面は暗青灰色、下面は黄色。雄ののどは夏羽では黒色であるが冬羽は白く、雌は雄より一般に淡色。日本では各地の水辺に普通に生息し、北海道、南千島、本州、四国、九州などで繁殖する。営巣期には標高3000メートルの山地にもすむ。琉球(りゅうきゅう)諸島には冬鳥として渡来する。昆虫やクモなどを食べる。長い尾をつねに上下に振り、水辺をせわしく歩き回る。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキセキレイの言及

【セキレイ(鶺鴒)】より

…【長谷川 博】。。…

【セキレイ(鶺鴒)】より

…しかし,近年ハクセキレイとツメナガセキレイは新大陸にも分布を広げ,アラスカの一部でも繁殖している。日本では,キセキレイハクセキレイセグロセキレイ,ツメナガセキレイ,イワミセキレイの5種が繁殖し,キガシラセキレイがまれに渡来する。 キセキレイM.cinerea(イラスト)は背面青灰色で白い眉斑があり,下面は黄色い。…

※「キセキレイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キセキレイの関連キーワードセキレイ(鶺鴒)甑島県立自然公園セグロセキレイ鶺鴒

キセキレイの関連情報