コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノマゴ

百科事典マイペディアの解説

キツネノマゴ

本州〜沖縄,東アジア野原や林緑にはえるキツネノマゴ科一年草。茎は枝分れして,高さ30cm内外,長卵形の葉を対生する。8〜10月,枝先に,淡紅〜白色の花を,穂状に密につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キツネノマゴ【Justicia procumbens L.】

道ばたに普通にみられるキツネノマゴ科の夏緑一年生雑草(イラスト)。茎は四角で高さ10~40cm,下向きの毛を密生し,基部は地に伏しひんぱんに枝分れして節から根を出す。葉は狭楕円形で長さ2~5cm,幅1~2cm。花は夏から秋にかけて,枝先の長さ2~5cmの穂状花序に多数が密集してつく。花冠は2唇形,淡紫色または白色で長さ約7mm,下唇は浅く3裂し,上唇は先端に浅い切れ目がある。おしべは2本。葯は2室で上下にずれてつき,下側の1室の基部に距がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノマゴ
きつねのまご
[学]Justicia procumbens L. var. leucantha Honda

キツネノマゴ科の一年草。茎は四角で高さ10~40センチメートル、基部は地に伏し、よく分枝する。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル。夏から秋にかけて枝先の穂状花序に淡紫色から白色の花をつける。萼(がく)は基部まで4裂する。花冠は二唇形。花冠裂片はつぼみでは瓦(かわら)重ね状に畳まれる。雄しべは2本。葯(やく)は2室で上下にずれてつき、下の1室に距(きょ)がある。(さくか)は長楕円形で四つの種子をつける。道端に普通にみられ、本州以南に生育し、アジアの熱帯を中心に広く分布する。若葉を食用とすることもある。[寺尾 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キツネノマゴの関連キーワードスズムシソウ(キツネノマゴ科)リュウキュウアイストロビランセスアフェランドラヒロハサギゴケクロッサンドラハイポエステスツンベルギアフィットニアクロサンドラジャコビニアオギノツメハグロソウアカンサスコエビソウアイ(藍)ベロペロネルエリア紅網目草白網目草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android