コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノマゴ

百科事典マイペディアの解説

キツネノマゴ

本州〜沖縄,東アジア野原や林緑にはえるキツネノマゴ科一年草。茎は枝分れして,高さ30cm内外,長卵形の葉を対生する。8〜10月,枝先に,淡紅〜白色の花を,穂状に密につける。花冠は長さ約4mm,唇形(しんけい)で,下唇の先は3裂し,紅色斑点がある。果実は2裂して,4個の種子をはじく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キツネノマゴ【Justicia procumbens L.】

道ばたに普通にみられるキツネノマゴ科の夏緑一年生雑草(イラスト)。茎は四角で高さ10~40cm,下向きの毛を密生し,基部は地に伏しひんぱんに枝分れして節から根を出す。葉は狭楕円形で長さ2~5cm,幅1~2cm。花は夏から秋にかけて,枝先の長さ2~5cmの穂状花序に多数が密集してつく。花冠は2唇形,淡紫色または白色で長さ約7mm,下唇は浅く3裂し,上唇は先端に浅い切れ目がある。おしべは2本。葯は2室で上下にずれてつき,下側の1室の基部に距がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノマゴ
きつねのまご
[学]Justicia procumbens L. var. leucantha Honda

キツネノマゴ科の一年草。茎は四角で高さ10~40センチメートル、基部は地に伏し、よく分枝する。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル。夏から秋にかけて枝先の穂状花序に淡紫色から白色の花をつける。萼(がく)は基部まで4裂する。花冠は二唇形。花冠裂片はつぼみでは瓦(かわら)重ね状に畳まれる。雄しべは2本。葯(やく)は2室で上下にずれてつき、下の1室に距(きょ)がある。(さくか)は長楕円形で四つの種子をつける。道端に普通にみられ、本州以南に生育し、アジアの熱帯を中心に広く分布する。若葉を食用とすることもある。[寺尾 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android